「ウルトラマン」ブランド、中国・東南アジアで大攻勢 大幅増収増益の円谷フィールズHD

ファイナンス決算

 エンタテインメント事業の円谷フィールズホールディングスの業績が快調だ。直近で発表された2023年3月期の通期連結決算で、大幅な増収増益になった。売上高は1171億2000万円(23.4%増)、営業利益109億5000万円(217.9%増)、経常利益は112億1000万円(208.7%増)、当期純利益は82億2000万円(232.7%増)だ。
 遊技機が中心のPS事業、映像企画・制作やライセンスのコンテンツ&デジタル事業の双方が大きな伸びとなった。PS事業は売上高1008億800万円(20.4%増)、営業利益が77億1400万円(340.7%増)だった。『Pゴジラ対エヴァンゲリオン ~G細胞覚醒~』がヒット、『パチスロ犬夜叉』も好調だった。
 またメダルや玉に触れることなく遊ぶことができるスマート遊技機が好調で、成長を続けている。円谷フィールズHDは、今後もこの分野の大きな成長を期待している。

 コンテンツ&デジタル事業も、業績を拡大している。売上高は145億3200万円(59.6%増)、営業利益は43億7800万円(198.8%増)だった。売上はPS事業と較べてだいぶ少ないが、利益率の高さが特徴だ。
 同事業はウルトラマンなどのキャラクターライセンス・映像制作の円谷プロダクションとVFX制作のデジタル・フロンティアなどから構成される。円谷プロダクションはなかでもウルトラマン関連の売上が大きい。国内では2022年5月に公開した『シン・ウルトラマン』が、海外、特に中国ではウルトラマン関連商品の販売が急伸し、ライセンス収入が伸びた。
 デジタル・フロンティアの売上高は40億9000万円(8.6%増)、営業利益は4億円(109.4%増)と増収増益だった。
 
 円谷フィールズHDは、今後もコンテンツ&デジタル事業とウルトラマンの大きな成長を見込む。直近で43億7000万円の営業利益を3年後の2026年3月期には90億円まで引き上げることを目指す。
 成長の切り札は海外展開である。23年5月には米国子会社TSUBURAYA FIELDS Media & Pictures Entertainment, Incを設立、24年にはNetflixで米国制作のアニメーション映画を全世界同時配信する予定だ。
 さらに力が入るのが中国と東南アジアである。両地域でライセンス拡大をするだけでなく、テーマパークへの導入も目指す。地域に合わせた展開、海外パートナーとの連携で今後3年間のうちに円谷ブランドを確立する。ウルトラマンはこれまで以上に、日本を代表するキャラクターブランドになっていきそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る