キュー・テックが3つめのアニメ編集スタジオ開設、南阿佐ヶ谷に

企業ニュース

 映像・音響サービスの株式会社クープは、キュー・テック スタジオのアニメーション編集部門を拡張する。2023年4月より東京都杉並区にアニメ編集の新拠点「杉並スタジオ Station Slide」を開設した。
 杉並スタジオ Station Slideは、これまでの赤坂オフィス、杉並オフィスに続く3つ目のアニメ編集スタジオとなる。編集室は2つで赤坂の2室、杉並の4室と合計8室となり、これまでから約3割増しとなる。

 アニメ人気が続いていることもあり、近年はアニメの制作本数は高止まり傾向にある。そこでキュー・テック スタジオは、アニメ編集の需要増加に対応するために新拠点を開設したとする。
 また新拠点の場所となる杉並区は、アニメスタジオの集積する東京都西部地域の中心と言える立地である。近隣の杉並オフィスと共に、制作会社の利便性を重視している。
 キュー・テックはアニメ編集分野の大手スタジオだが、編集体制の強化で拡大する需要を取り込んでいく狙いがあるとみられる。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る