IMAGICA Labが10月1日スタート、3社合併で新体制に

企業ニュース

 映像関連事業の総合企業IMAGICA GROUPが、2018年10月1日にグループの再編を実施した。これまでグループを統括してきた持株会社の株式会社イマジカ・ロボット ホールディングスの商号を株式会社IMAGICA GROUPに変更した。長年親しまれてきた「IMAGICA(イマジカ)」の名称を全面に押し出したかたちだ。
 持株会社からロボットの名称はなくなるが、ロボットは引き続き映像コンテンツ事業の中核会社となる。一方でグループには近年、アニメーション・CG制作のOLMグループも加わっている。IMAGICA GROUPに統一することで、グループ内のバランスを取ったとも言える。

 一方で、映像制作サービス事業では、新たにIMAGICA Lab.が中核事業になる。これまでこの分野を分担してきたIMAGICA、IMAGICA ウェスト、IMAGICA イメージワークスの3社を10 月1日付けで合併、さらに新商号をIMAGICA Lab.とした。
 撮影や映像・音声編集、DCP制作、コンテンツ流通・配信サービス、フィルム現像・プリント、吹替え・字幕・翻訳、さらに映像の修復・復元・保存のサポートなど映像に関連する幅広い業務をカバーする。
 IMAGICA GROUPは、日本に数多い映像会社のなかでも企画・制作から撮影・編集、さらに翻訳や吹替え・配信技術までカバーする際立った特徴を持っている。さらに実写・CG・アニメーションまで広くカバーしている点でも他にない会社となっている。
 
IMAGICA GROUP
https://www.imagicagroup.co.jp
IMAGICA Lab.
https://www.imagicalab.co.jp

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. デジタルコンテンツ白書2021
     9月1日に発刊された『デジタルコンテンツ白書2021』が、2020年のコンテンツ産業と関連各分野の…
  2. 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
     日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を題材にした企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・…
  3. ファイ・ブレイン×Tファン
    放送終了後もファンをつなぎとめる仕組みに迫る。  2011年からNHK Eテレで約2年半放送さ…
ページ上部へ戻る