カプコンとレジェンダリー、「ストリートファイター」実写映画化発表

カプコン/レジェンダリー

 カプコンが開発する人気格闘ゲームシリーズ『ストリートファイター』が、大型実写映画になる。カプコンと米国の大手映画会社レジェンダリー・エンタテインメント(Legendary Entertainment)は、『ストリートファイター』を原作とする実写映画を共同制作中であることを明らかにした。レジェンダリーは実写映画をプロデュースするほか、テレビ化の権利も獲得していると伝えられている。
 プロデューサーや監督、脚本、出演などは発表されていない。また公開時期や配給会社についても言及されていない。レジェンダリーの劇場映画は2013年まではワーナー・ブラザース、2014年から2018年まではユニバーサル・ピクチャーズ、そして2019年からは再びワーナー・ブラザースが配給してきた。しかし2022年11月に新たにソニーピクチーズと世界配給の契約を結んでいる。『ストリートファイター』もソニー・ピクチャーズでの世界配給の可能性が強そうだ。

 『ストリートファイター』は1987年にカプコンより第1作がリリースされた。1992年に発売されたスーパーファミコン版『ストリートファイターII』が全世界で630万本のメガヒットになり、2023年6月にも新作『ストリートファイター6』発売を予定する。30年以上の歴史を持つ強力タイトルである。
 これまでにもアニメ、実写映画とたびたび映像化されている。1994年にユニバーサル配給で公開された実写映画『ストリートファイター』は興行収入1億ドル、2009年公開の20世紀フォックス配給『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』は1200万ドルの興行収入を実現している。

 今回のリブートも大きなヒットを狙うことになる。レジェンダリーはVFXを駆使した大型タイトルのプロデュースで広く知られている。『DUNE/デューン 砂の惑星』や『パシフィック・リム』といったヒット作がある。
 日本由来の作品やキャラクターの実写映画に積極的なことでも知られる。『GODZILLA ゴジラ』、『名探偵ピカチュウ』も代表作だ。
 一方のカプコンも自社タイトルの海外実写映画化に熱心で、『バイオハザード』、『モンスターハンター』などの実写映画が世界公開されている。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る