新劇場版全4作など、横浜で5日間「エヴァンゲリオン」野外上映

赤レンガパーク

 2022年5月1日から5日までのゴールデンウィークの時期に横浜・みなとみらい地区を会場に、人気映画の野外上映イベントが開催される。会場は赤レンガパークや横浜ベイクォーターなどを中心に4カ所、街中で映画が上映されることになる。
 なかでも最大規模の会場となる赤レンガパークの「『THEATER RED BRICK」では、エヴァンゲリオン特集が組まれて目玉となる。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』から『シン・エヴァンゲリオン劇場版』までの新劇場版全4部作、それにテレビシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』からも5エピソードをセレクトと豪華なラインナップとなる。とりわけ昨年公開したばかりの『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、現在は大画面で見られる機会が減っているので貴重だ。ファンから注目のイベントになりそうだ。

 野外上映ではあるがベストポジションは、チケット販売する。すでに予約販売も始まっており、2名用のペアシートが2名分ワンドリンク付きで4400円、リクライニングチェアワンドリンク付き1980円、2名までのBOX席1980円、4名までのBOX席2750円。(いずれも税込)

 ゴールデンウィークを利用したみなとみらいの野外上映は、これまでも継続的に開催されている。2019年には細田守監督による劇場長編5本をプロクラムする企画もあった。今回はこれに続く、アニメ作品での特集になった。
 このほか横浜ワールドポーターズの立体駐車場屋上を会場とする「THEATER WORLD PORTERS」では5月2日から4日までの3日間、キッズ・ファミリー向けのヒット作が登場する。2日はディズニーのヒット作『ミラベルと魔法だらけの家』、3日は『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』、4日は『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』。こちらはドライブインシアター形式で車に乗ったままの鑑賞になる。
 また横浜ベイクォーター会場「THEATER BAY QUARTER」では、『スパイダーマン』、『アメイジング・スパイダーマン』、『スパイダーマン:ホームカミング』、『スパイダーマン:スパイダーバース』とスパイダーマン尽くしとする。「THEATER MARINE & WALK」は、ミニシアター系映画を中心に5作品をセレクトした。『花束みたいな恋をした』や『ストーリー・オブ・マイライフ』などだ。

『SEASIDE CINEMA 2022』
https://seaside-cinema.com
2022年5月1日(日)~5月5日(木・祝)

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新潟国際アニメーション映画祭
     2023年3月に第1回を予定する新潟国際アニメーション映画祭が、11月1日に新たな概要を情報公開し…
  2.  2022年9月21日から25日まで5日間にかけてカナダで開催された第46回オタワ国際アニメーション…
  3. 海外ビジネスセミナー
     東京都に拠点を持つ中堅・中小企業、個人事業主を対象にした「海外進出ステップアッププログラム」をこの…
ページ上部へ戻る