報知映画賞、アニメ作品賞に「四畳半タイムマシンブルース」

報知新聞映画賞

 今年で47回目を迎えた報知映画賞は、2022年に国内公開された劇場アニメーションの中から最も優れた作品として夏目真悟監督、サイエンスSARUが制作した『劇場版 四畳半タイムマシンブルース』を選んだ。
 報知新聞は2022年11月30日、2022年の映画賞レースの先陣を切る報知映画賞の各賞を発表、このうちアニメ作品賞は10本のノミネートの中から『劇場版 四畳半タイムマシンブルース』を決定した。ノミネート作品は他に『鹿の王 ユナと約束の旅』、『アンネ・フランクと旅する日記』、『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』、『犬王』、『ONE PIECE FILM RED』、『夏へのトンネル、さよならの出口』、『雨を告げる漂流団地』、『四畳半タイムマシンブルース』、『バッドガイズ』、『すずめの戸締まり』の9本があがっていた。
 このほか作品賞・邦画部門は石川慶監督の『ある男』、主演男優賞は『沈黙のパレード』の福山雅治、主演女優賞は『前科者』の有村架純が受賞した。

 報知新聞賞は1976年に設立、長い歴史を持つが、アニメ作品賞は近年の劇場公開本数の受け2017年からのスタートと比較的新しい部門だ。これまでに『天気の子』、『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』、『漁港の肉子ちゃん』などが受賞している。
 
 『劇場版 四畳半タイムマシンブルース』は森見登美彦の人気小説を原作、ヨーロッパ企画の上田誠の戯曲『サマータイムマシン・ブルース』がコラボレーションする作品をアニメ化した。四畳半シリーズはこれまで湯浅政明が監督でアニメ化されてきたが、今回は新たに夏目真悟が監督に起用された。脚本は上田誠が務めた。
 また本作は配信プラットフォームとのつながりでも注目される。劇場公開に先立って、Disney+でシリーズ作品を配信している。いわゆる配信オリジナル作品の位置づけだ。配信開始後、シリーズ作品を再編集し2022年9月30日より3週間限定公開された。映画賞でこうした作品の受賞は時代の新たな流れを感じさせる。

報知映画賞サイト
https://www.hochi.co.jp/award/hochi_eigashou/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東宝×「World Maker」 
     2023年12月、東宝本社のゴジラ会議室に、ハリウッドの大物監督ジョーダン・ヴォート=ロバーツさん…
  2. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  3. 「アニメーションの表現」
     2023年10月23日から11月1日まで開催されている第36回東京国際映画祭は、昨年より上映本数、…
ページ上部へ戻る