プリキュアシリーズ第14弾は「プリキュアアラモード」 スイーツのイメージもたっぷり

テレビ

東映アニメーションは2016年11月28日、女児をターゲットにして人気のアニメ「プリキュア」シリーズの最新作のタイトルを発表した。「キラキラ☆プリキュアアラモード」を、2017年春よりABC・テレビ朝日系列で日曜日朝8時半より全国放送を開始する。
シリーズは『ふたりはプリキュア』から数えて14作目にあたる。現在、同時間帯で放送中の第13作『魔法つかいプリキュア!』を引き継ぐことになる。
東映アニメーションは28日に公式サイトもオープンしたが、番組ロゴのティザーイラストのみでストーリーやキャラクター、スタッフなどの情報はまだほとんどない。一方で、タイトルロゴがケーキを模したデザインになっていること、キャッチコピーを「つくって!たべて!たたかって!!」とすることから、スイーツや食をコンセプトにした作品であることが窺われる。

「プリキュア」シリーズは2004年に、『ふたりはプリキュア』からスタートした。第1作から第3作までが「ふたりはプリキュア」を冠し、第4作と第5作は「Yes!プリキュア5」を冠している。
2009年の『フレッシュプリキュア!』以降は、毎年タイトルと登場キャラクターをフルチェンジするようになっている。また近年はシリーズごとにコンセプトが定められている。「夢」「魔法」などに続き、今年は「スイーツ」が選ばれたわけだ。

東映アニメーションとABC朝日放送は、最新作だけでなく、それぞれ「プリキュアガーデン」、「ABCプリキュアBOX」とシリーズ総合ポータルサイも解説し、シリーズ全体をアピールしている。2009年以降は年2本公開の劇場映画も、1本は最新作、もう1本はシリーズにフォーカスするなど「プリキュア」ブランドの認知度アップに努める。シリーズが長く続く秘密でもある。
一方で、女児向けアニメや玩具が次々に登場するなか、ここ数年、シリーズの劇場映画の興行収入や関連商品の売れ行きが勢いを失っている。『キラキラ☆プリキュアアラモード』には、シリーズの再活性化も期待される。

『キラキラ☆プリキュアアラモード』
http://www.toei-anim.co.jp/tv/precure_alamode/

関連記事

ピックアップ記事

  1. メディア芸術クリエイター育成支援事業
    徳間記念アニメーション文化財団(三鷹の森ジブリ美術館)は、2016年12月1日より「平成 28 年度…
  2. アニメ特撮アーカイブ機構
    アニメや特撮の映像制作の際に生まれた原画やセル画、ミニチュア模型などの中間制作物の保管を目指して、映…
  3. 『千と千尋の神隠し』
    世界最大規模の国際アニメーション映画祭であるアヌシーは、映画文化だけでなくMIFAに代表されるビジネ…
ページ上部へ戻る