ウルトラマンTCGが中国で好調など、円谷フィールズ連結業績予想上方修正

ファイナンス決算

 この10月から社名を変更した円谷フィールズホールディングスの事業が好調だ。2022年10月24日、同社は2023年3月期の通期連結業績予想の数値を上方修正した。
 連結売上高はこれまでの980億円が1050億円に修正される。また営業利益と経常利益は40億円から60億円に、当期純利益は30億円から40億円に引き上げられる。もともと前年比で増収増益を予想していたが、上げ幅が拡大することになる。

 数値の引き上げの要因として、円谷フィールズホールディングスは最初に円谷プロダクションにおいて国内外のマーチャンダイジングが伸長していることを挙げている。なかでも中国で「ウルトラマン」シリーズのトレーディングカード『卡游奥特曼英雄对决卡片』などグッズ販売が好調だったとしている。ウルトラマンは国内でも5月に映画『シン・ウルトラマン』が公開されるなど、円谷プロダクションの主力事業となっている。同社はウルトラマンウランドの海外展開にも積極的だが、その成果が現れていると言えそうだ。 
 事業全体の進捗状態も順調だおちしている。営業利益のうちおよそ半分になるコンテンツ&デジタル事業で30億円、遊技機などのPS事業でも30億円を見込んでいる。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新潟国際アニメーション映画祭
     2023年3月に第1回を予定する新潟国際アニメーション映画祭が、11月1日に新たな概要を情報公開し…
  2.  2022年9月21日から25日まで5日間にかけてカナダで開催された第46回オタワ国際アニメーション…
  3. 海外ビジネスセミナー
     東京都に拠点を持つ中堅・中小企業、個人事業主を対象にした「海外進出ステップアッププログラム」をこの…
ページ上部へ戻る