USJの任天堂テーマエリア着工 投資総額600億円超、リアル「マリオカート」も登場

SUPER NINTENDO WORLD

 国内テーマパーク大手のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は、2017年6月8日、パーク内のテーマエリア「SUPER NINTENDO WORLD」の建設に着手した。約3年をかけて建設し、2020年のオープンを目指す。
 拡張用地として確保していた土地のほか、駐車場一部も活用してパーク全体も拡張する。投資総額は2016年末の発表では500億円としていたが、今回さらに上積みして600億円を超えるビッグプロジェクトになる。

「SUPER NINTENDO WORLD」は、任天堂のゲームに登場するキャラクターや世界観をコンセプトに再現する。ユニバーサル・スタジオは、任天堂とのライセンスに基づき米国のユニバーサル・オーランド・リゾート、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドでも建設を予定しているが、USJは世界初、その第一弾となる。
 今回、メインアトラクションとして「マリオカート」が導入されることが発表された。1992年からリリースされているアクションレースゲームシリーズを世界最新鋭のライド・アトラクションとして現実化する。この他、ショップやレストランも予定する。

「SUPER NINTENDO WORLD」は、USJが力をいれてきたテーマパーク内の独立エリアのひとつの位置づけだ。USJでは、これまで同様のコンセプトで「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」、「ミニオン・パーク」などが成功を収めている。
 USJは、2001年に映画会社ユニバーサル・スタジオの世界観を体験する施設としてスタートしたが、今年4月にコムキャスト・NBCユニバーサルの完全子会社になったばかり。新体制下でのかつてない大型投資だけに、その成否も注目される。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る