USJの任天堂テーマエリア着工 投資総額600億円超、リアル「マリオカート」も登場

SUPER NINTENDO WORLD

 国内テーマパーク大手のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は、2017年6月8日、パーク内のテーマエリア「SUPER NINTENDO WORLD」の建設に着手した。約3年をかけて建設し、2020年のオープンを目指す。
 拡張用地として確保していた土地のほか、駐車場一部も活用してパーク全体も拡張する。投資総額は2016年末の発表では500億円としていたが、今回さらに上積みして600億円を超えるビッグプロジェクトになる。

「SUPER NINTENDO WORLD」は、任天堂のゲームに登場するキャラクターや世界観をコンセプトに再現する。ユニバーサル・スタジオは、任天堂とのライセンスに基づき米国のユニバーサル・オーランド・リゾート、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドでも建設を予定しているが、USJは世界初、その第一弾となる。
 今回、メインアトラクションとして「マリオカート」が導入されることが発表された。1992年からリリースされているアクションレースゲームシリーズを世界最新鋭のライド・アトラクションとして現実化する。この他、ショップやレストランも予定する。

「SUPER NINTENDO WORLD」は、USJが力をいれてきたテーマパーク内の独立エリアのひとつの位置づけだ。USJでは、これまで同様のコンセプトで「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」、「ミニオン・パーク」などが成功を収めている。
 USJは、2001年に映画会社ユニバーサル・スタジオの世界観を体験する施設としてスタートしたが、今年4月にコムキャスト・NBCユニバーサルの完全子会社になったばかり。新体制下でのかつてない大型投資だけに、その成否も注目される。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. オーバン・スターレーサーズ
     2006年に日本とフランスが共同制作された『オーバン・スターレーサーズ』は、世界中で放送され人気を…
  2. 鼎談
     2018年10月にフジテレビが立ち上げた深夜アニメ枠「+Ultra」は、「海外にアニメカルチャーを…
  3. 左)安田賢司監督、右)福井晴敏氏
    10月8日(金)、『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-』が劇場上映を…
ページ上部へ戻る