スタジオ・ファンタジアが破産手続き開始 負債総額1億9000万円

企業ニュース

1980年代よりアニメーション制作を手掛けてきたアニメスタジオの有限会社スタジオ・ファンタジアが、破産手続きを開始していることが明らかになった。企業情報サービス大手の帝国データバンクが2016年11月24日付けの「倒産速報」で伝えた。
帝国データバンクによれば、東京地方裁判所は11月16日にスタジオ・ファンタジアの破産手続きを開始した。また負債総額は約1億9000万円、債権者は約50名としている。

スタジオ・ファンタジアは、代表取締役の飯塚智久氏が1983年10月に設立、東京練馬区旭町に本社を構える。30年以上の歴史を誇り、製作委員会などから直接制作を受注する元請制作も手掛けている。代表作に『君が望む永遠』や『ストラトス・フォー』、「AIKa」シリーズなどがある。
オリジナル企画に積極的で、『ストラトス・フォー』、「AIKa」シリーズのほか、『奏光のストレイン』『ナジカ電撃作戦』といった作品で原作を担当している。しかし近年は、厳しい経営状況が続いていたという。破産手続き開始以前に、公式サイトは閉鎖されており、スタジオ活動も止まっていた。
  

関連記事

ピックアップ記事

  1.  米国の独立系映画会社GKIDSとフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてハリウッドビジネ…
  2. 「マチ★アソビ」vol.18
     アニメ/ゲーム/マンガの大型イベント「マチ★アソビ」の18回目が、2017年5月5日から7日まで徳…
  3. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
ページ上部へ戻る