フィールズ、持株会社化に向けてスピンオフで遊技機事業の新会社

企業ニュース

 2022年10月3日に社名変更と持株会社移行を実施するフィールズが、体制変更に向けた事業再編を実施する。6月22日の株主総会の承認のうえ、現フィールズから遊技機の企画開発・販売部門を分割、新会社を設立する。分割事業は、前期の売上高で836億円となっている。フィールズ全体の9割近くを占めている。
 新会社はフィールズの社名を新たに承継し、現フィールズは10月3日付で円谷フィールズホールディングスと商号を変更し、持株会社の役割を果たす。持株会社は戦略的な投資や事業提携、グローバルに向けたIPの創造・育成を担う。

 新フィールズの株式は円谷フィールズホールディングスが100&保有し、完全子会社とする。このほか円谷プロダクション、デジタル・フロンティアといったグループ会社も子会社となる。
 フィールズは遊技機の企画・開発・販売で知られてきたが、長年、コンテンツの創出・制作にも力をいれてきた。近年は円谷プロダクションが保有するウルトラマンの映像化、ライセンス活用が急拡大している。遊技機事業と合わせて、ライセンス活用をもうひとつの事業の柱にする構えだ。今回の持株会社移行と社名変更は、そうした変化を社内外に示す目的もありそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る