「アニメ産業レポート2016」サマリー無料公開 2015年の主要な集計数字も掲載

アニメ産業レポート2016

一般社団法人 日本動画協会は、2015年から16年の日本のアニメ産業界の概要を明らかにする「アニメ産業レポート2016」を9月に刊行している。アニメビジネスの状況把握と認知向上を目的に、毎年、調査のうえ統計数字や解説をまとめたものだ。
そのサマリー(日本語版)が、11月15日より、日本動画協会のサイトにて公開された。PDF形式でまとめられており、無料でダウンロードできる。

サマリーは、資料を含めるとおよそ80ページにもなる本編を10ページあまりに要約したもの。しかし、アニメ業界の数字や動きを知るには十分な内容だ。
アニメ産業市場、アニメ業界市場をはじめ、TVアニメ制作分数・タイトル数、劇場アニメ興行収入、ビデオパッケージ売上げ、アニメ配信売上の主要統計も記載されている。特に日本のアニメ制作会社の分布は、「アニメ産業レポート2016」ならではの調査と言えるので貴重だ。これだけも、直近の国内アニメ産業の実態を知るのに役立つだろう。さらにこうした統計の解説も約4ページにわたり付けられている。
日本動画協会では「アニメ産業レポート2015」「2014」については英語版も制作し、無料配布している。本編全体の英語版はないため、海外のアニメーション関係者にはこちらが役に立つだろう。

より詳しい産業の動向については、「アニメ産業レポート2016」本体を利用したい。本文74ページに図表4面、さらに「2015年アニメ全作品 年間パーフェクト・データ」74ページも併せて、6000円(税抜)。東京アニメセンター オフィシャルショップ、京都国際マンガミュージアム ショップでの店頭販売のほか、エスピーアイ・インフォメーションで、書籍版とダウンロード版を通信販売している。

「アニメ産業レポート2016」 http://aja.gr.jp/date/2016/09「アニメ産業レポート2016」 サマリー(日本語版) 
http://aja.gr.jp/jigyou/chousa/sangyo_toukei

関連記事

ピックアップ記事

  1. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
  2. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
  3.  米国の独立系映画会社GKIDSとフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてハリウッドビジネ…
ページ上部へ戻る