コトブキヤ第2Q業績急伸、煉獄杏寿郎や釘崎野薔薇などが人気

ファイナンス決算

 キャラクターフィギュア製造・販売の壽屋の業績が引き続き急成長している。2022年2月14日に発表した2022年6月期第2四半期決算は売上高が71億9900万円と前年同期比で71.3%増と急伸、利益面では営業利益が13億3300万円、経常利益は13億1000万円、四半期純利益は9億1300万円と約2.3倍にもなった。
 売上高の増加は、国内外でフィギュアやプラモデルの売上げが伸びているためだ。また1アイテムごとの生産数、販売数量が拡大したことで、利益率が大幅に向上している。これが利益の大幅増加につながった。

 フィギュアでは人気テレビアニメのキャラクター関連で2021年12月に発売した『鬼滅の刃』の「煉獄杏寿郎、同10月に発売した『呪術廻戦』の「釘崎野薔薇」がヒット作になった。自社IPの『アルナディア』の「ルミティア」も好調だった。
 プラモデルは自社開発 の『メガミデバイス』が主力商品である。この他『フレームアームズ・ガール』は日本だけでなく、アジアで好調だった。

 コトブキヤは海外事業が強いのも特徴で、売上の3割(33.9%)を海外が占めている。今期もアジア、北米、ヨーロッパの全ての地域で売上げを伸ばしている。最も大きいのはアジアの14億3400万円(65.3%増)、積極的なプロモーションと販売チャネル拡大が結果につながった。伸び率ではヨーロッパの2億2300万円(142.1%)が際立つ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ANNECYYAMADA
     2022年6月13日にフランスのアヌシーで始まった国際アニメーション映画祭に、日本からゲストが次々…
  2. 新潟国際アニメーション映画祭
     2000年代に入り、アニメーションのグローバルな広がり一段と進んでいる。日本は世界有数のアニメーシ…
  3. 諸葛四郎
     2022年4月21日より、東京・虎ノ門の台湾文化センターにて、「タイワニーズ・アニメーション~最新…
ページ上部へ戻る