カドカワ第2四半期 ウェブサービス弱含みも、「君の名は。」や「Re:ゼロ」で出版好調

ファイナンス決算

エンタメ大手のカドカワが、好調な上半期決算を迎えた。2017年3月期第2半期の連結売上高は、997億9500万円と6.2%増加し、営業利益が44億1900万円(26.1%増)、経常利益が40億1100万円(4.6%減)、四半期純利益が30億2000万円(57.8%増)である。利益面で特に好調だった。
これを受けて、早くも通期業績予想も上方修正した。売上高2020億円、営業利益60億円、経常利益58億円、当期純利益40億円を見込む。

全体を牽引した出版事業は増収増益で、売上高が537億4400万円と10%増だったのに加えて、営業利益は38億8400万円と前年同期の3倍にもなった。
低調だったライトノベルが、アニメ化作品を中心に好調だったほか、コミックスも伸びた。ラノベでは『Re:ゼロから始める異世界生活』、『文豪ストレイドッグス』、『この素晴らしい世界に祝福を』がヒット作だ。また記録的な大ヒットになっている『君の名は。』の関連書籍も貢献した。
業績好調はヒット作だけでなく、ビジネス構造の変化もある。ひとつは電子書籍である。売上、利益とも、引き続き高い伸びを維持し、出版部門を牽引している。また、製造や物流の効率化による返品率の低下、不採算事業からの撤退など組織再編も収益化で効果を発揮する。

一方でポータルサイト事業を中心としたウェブサービスは厳しかった。イベント事業で「超会議2016」のコストが嵩んだことに加え、投資負担が大きく、減収減益だった。売上高は160億8800万円(5.1%減)、営業利益は17億4400万円(39.0%減)である。
コンテンツ配信ビジネスの競争が激化していることもあり、こうしたなかでも積極的な投資が続いている。期中はniconicoをリニューアルし高画質化したほか、生放送配信アプリ、チャンネルアプリを導入する。

映像・ゲームは事業内での好調不調が分かれた。売上高は215億5500万円(12.6%増)、営業利益は13億1100万円(9.6%減)だが、映像パッケージはヒットタイトルが少なかったが、海外向けのライセンス販売と配信向けの収入が好調だった。またゲームは『DARK SOULS Ⅲ』が好調だった。
海外事業は、カドカワがとりわけ拡大を狙う事業となっている。2016年3月期に66億円であった海外売上高を5年後の2021年には200億円超を目指す。現在の約3倍、連結売上高のおよそ10%にあたる。野心的な計画であるが、実現に向けた動きはすでに始まっている。米国では現地の日本マンガ・ラノベの翻訳出版Yen Pressをグループ会社化、世界的な出版グループのアシェットと手を組む。さらに中国ではテンセント、タイでアマリン、マレーシアではアーツ・スクウェアと現地のトップ企業と次々に提携を結んでいる。有力企業の流通網を活用することで、自社のトップコンテンツを各国に届ける。人気の拡大と、販売の増加を狙うというわけだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  米国の独立系映画会社GKIDSとフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてハリウッドビジネ…
  2. 「マチ★アソビ」vol.18
     アニメ/ゲーム/マンガの大型イベント「マチ★アソビ」の18回目が、2017年5月5日から7日まで徳…
  3. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
ページ上部へ戻る