まんだらけ通期決算 当初予想を下回る減益に 経費拡大が響く

ファイナンス決算

古書・プレミアグッズ販売のまんだらけの2016年9月期決算の業績が、当初見込みを下回った。同社は2015年11月に通期で増収増益となる業績予想を公表していたが、売上高は予想より3.9%低く、営業利益、経常利益、当期純利益も40%以上下回った。
期末売上高は91億7200万円(0.2%増)とほぼ前年並みだが、営業利益は6億8800万円(33.5%減)、経常利益は6億1600万円(39.6%減)、当期純利益は3億6100万円(40.1%減)となった。利益面での落ち込みが大きかった。

売上、利益が業績予想を下回ったことについて、まんだらけは経費が予想を上回ったためとしている。期中に通信販売部門の強化を打ち出して、千葉県香取市に大型通販施設・まんだらけSHARAを建設したことで経緯が拡大した。しかし、売上げの増加が及ばなかった。既存各店舗の売上も低調だった。
一方で、まんだらけはSHARAの整備により迅速な出荷体制を構築し、国内外の顧客のオーダーに対応することができるようになったとしている。店頭でも訪日外国人の来店が売上に貢献した。インバウンドビジネスのトレンドが、プレミアグッズの分野でも表れている。

2017年9月期の業績については、前期とほぼ同じ水準を予想する。売上高92億6500万円(1.0%増)、営業利益6億9100万円(0.4%増)、経常利益6億2200万円(1.0%増)、当期純利益3億6500万円(1.0%増)。
このため買取りの強化による希少で良質な商品を充実する。またweb通信販売通じた海外向けの販売拡大を目指す。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  米国の独立系映画会社GKIDSとフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてハリウッドビジネ…
  2. 「マチ★アソビ」vol.18
     アニメ/ゲーム/マンガの大型イベント「マチ★アソビ」の18回目が、2017年5月5日から7日まで徳…
  3. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
ページ上部へ戻る