宮崎駿が4度目のNY映画批評家協会・最優秀アニメーション受賞「君たちはどう生きるか」

君たちはどう生きるか

 日本を代表するアニメ監督である宮崎駿が、最新作『君たちはどう生きるか』でまた映画の歴史に名前を残しそうだ。2023年11月30日、米国のニューヨーク映画批評家協会(New York Film Critics Circle)は、2023年に米国公開された最も優れた長編アニメーションとして『君たちはどう生きるか』を選出した。
 宮崎駿監督のニューヨーク映画批評家協会での最優秀アニメーション賞受賞は2002年の『千と千尋の神隠し』、2005年の『ハウルの動く城』、2013年の『風立ちぬ』に続き4度目だ。
4度の受賞はアニメーション監督として突出しているだけでなく、スタジオとしてもスタジオジブリの4回はピクサーにも並ぶ。米国・ニューヨークにおける宮崎駿監督への圧倒的な評価を見せつけた。
 
 ニューヨーク批評家協会は1935年に設立された映画批評家たちの集まりだ。商業や政治とは無縁な場で映画芸術を讃えるとして、1935年よりアワードもスタートしている。ただし長編アニメーションのジャンルへ確立が遅れていたこともあり、最優秀アニメーション賞は2000年に設立された比較的新しいアワードでもある。
 米国には数多くの映画批評家協会によるアワードがあるが、ニューヨーク批評家協会はロサンゼルス批評家協会と並び最も注目を浴びる。アカデミー賞やゴールデングローブ賞の前哨戦ともされるが、その理念から受賞作品にはより個性がある。興行的な成功も鍵となるアカデミーやゴールデングローブに較べると文学的な作品がより評価され、文字どおり批評家的な視点が強い。
 『ズートピア』や『ウォーリー』、『レゴムービー』といったハリウッドメジャーの受賞もあるが、カートゥーンサルーン制作の『ウルフウォーカー』を筆頭に『ペルセポリス』、『ベルヴィル・ランデブー』といった海外作品も多い。前回の受賞は、ネットで人気の短編ストップモーション・アニメーションを劇場映画化した『マルセル 靴をはいた小さな貝』だった。いずれもアニメーション史に名を残す傑作だ。

 『君たちはどう生きるか』は2023年での受賞となったが、実際には米国でこれまで上映されたのは、映画祭などのイベントのみである。
 12月4日よりIMAX先行公開、6日にIMAX公開、8日の一般公開が続く。大きな賞の獲得は、既に絶好調とされている前売りと合せて、映画興行も盛り上げそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る