ブシロード、カプセルトイ事業に進出 グッズ会社ブシロードクリエイティブが推進

ブシロードクリエイティブ

カードゲームやキャラクター事業などのブシロードが、グッズの企画・制作・販売に進出する。2016年5月に子会社化したブシロードクリエイティブを中心に、本格的にグッズ関連事業に乗り出した。10月31日には公式サイトもオープンし、そのラインナップも明らかにしている。
また、スタート時の商品としてカプセルトイ事業への進出を発表した。商品は3種類が用意され、人気アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』からコレクションフィギュア、お笑いタレントの渡辺直美 コレクションフィギュア、そしてオリジナルコンテンツ「バンジー ~未来へのジャンプ~」のストラップフィギュアとなっている。ブシロードが得意とするアニメやゲーム以外も積極的に取り扱っているのが特徴だ。
ブシロードクリエイティブの公式サイトには、まだ商品の紹介はないもののフィギュアやストラップのコーナーも用意されている。商品の種類は今後も増えると見られる。

カプセル玩具は、玩具店や量販店の店先に並べられたベンダーマシーンに数百円を投入すると、ランンダムでグッズが排出することでお馴染みだ。手頃な価格でクオリティの高いグッズが手に入る。また何が出るか分からないドキドキ感で人気である。
しかし市場は中規模で、2015年度は316億円(日本玩具協会調べ)。2003年から2005年にブーム時に300億円を突破し、それが沈静化した2009年には250億円にまで落ち込んだ。しかし、近年、再び市場が上向き、2014年、14年の2年連続で300億円を超えている。こうした堅調なビジネスにブシロードが目をつけたかたちだ。

ブシロードは2007年にトレーディングカードゲーム事業会社として設立され、ティーン世代をターゲットにすることで急成長した。2012年には新日本プロレスリングを買収し、プロレス人気のリバイバルに成功している。
ふたつに共通するのは、長年安定した人気がありながら、マーケットとして伸び悩んでいたことだ。古い業界に新しいビジネスを持ち込むことで、市場を拡大する。今回のカプセル玩具にも同様のコンセプトがありそうだ。

ブシロードは積極的な事業拡大で、現在はスマホゲームやキャラクター、タレントマネジメントなど様々な分野に進出している。グループ全体の売上高は2016年8月期で223億7700万円、前年より10%増加した。ブシロード単体では売上はほぼ前年並み、関連会社の事業拡大がグループ全体の売上の伸びを牽引している。
ブシロードクリエイティブのほかにも2016年8月には、キックボクシングのイベントを運営する株式会社キックスロードを、9月には株式会社響も設立している。その事業はまだまだ広がりそうだ。

ブシロードクリエイティブ
https://bushiroad-creative.com/

関連記事

ピックアップ記事

  1. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  2. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
  3. COCOLORS
     独自のセルスタイルのCGアニメで、先進的な表現を追求するスタジオ、それが神風動画である。その神風動…
ページ上部へ戻る