アニメ業界と異業種をつなげる「アニメビジネス・パートナーズフォーラム」、新シーズン開始

ABPF

 アニメ業界と異業種企業・ビジネスパーソンを結びつけることを目的に、2013年から開催されている「アニメビジネス・パートナーズフォーラム」(ABPF)。その新シーズンに当たる第11期が、2021年12月からスタートする。開催に合わせて、参加者募集も開始した。
 今回は新型コロナ感染症が依然続くなかでもあり、12月8日(水)から3月9日(水)まで4ヵ月間で合計7回のオンラインセミナーシリーズとする。

 リアルでの交流は制限されるが、登壇者はこれまでに同様にアニメビジネスの最先端で活躍するビジネスパーソン、新しいビジネスの開拓・摸索する挑戦者たちとなっている。アニメビジネスの最新の動向・情報を得る場所として、業界関係者、そしてアニメ分野で新たなビジネスチャンスを考えるかたにぴったりな内容と言えそうだ。
 参加費は一般会員と法人会員に分れている。新規の場合は法人会員1口 6万円、個人会員は1口3万円、これまで会員である場合か公共団体・協力団体からの参加する場合は法人会員1口 5万円、個人会員は1口 2万5千円になる。セミナーのほか交流会の参加も可能になる。12月2日まで、ABPFの公式サイトで受けつける。

 「アニメビジネス・パートナーズフォーラム(ABPF)は、アニメ企業やその作品をアニメ業界以外で活用し、市場拡大を目指すとの趣旨で一般社団法人日本動画協会が主催する。アニメビジネスの知識・最新動向にとどまらず、二次展開・海外展開の実例や成功ケースなども紹介する。さらにセミナーと交流会を活用したビジネスマッチングが特徴だ。
 日本動画協会の会員企業を中心にアニメ関連各社、業界外の大手企業・新興ベンチャー企業の参加も多数だ。

 第11期となる今回は、初回12月28日には『ちびまる子ちゃん』など国民的キャラクターを手掛ける日本アニメーションの深夜アニメを含めた新たな取り組み他。またその後は、トムス・エンタテインメントの企画プロデュース戦略や、東映アニメーションによるサウジアラビアとの共同制作、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のプロモーション、オンラインエキシビジョンを使ったアニメイベント《一部抜粋》などのプログラムを用意する。
 各回2テーマずつのセミナーと講義後のオンライjン交流会の参加で、アニメビジネスで大きなアドバンテージを築けるのでないだろうか。

アニメビジネス・パートナーズフォーラム(ABPF)2021
http://abpf.jp/
開催期間: 2021年12月8日(水)~2022年3月9日(水)
プログラム http://abpf.jp/seminar.html
*詳細は公式サイトでご確認ください。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る