ブシロード第1Qで売上高過去最高104億円、「ヴァイスシュヴァルツ」好調でTCG急伸

ファイナンス決算

 2021年11月12日ブシロードの2022年6月期第1四半期決算(7月~9月)が発表された。この連結売上高が前年同期比16.9%増の104億8400万円と四半期ベースで過去最高となった。
 前年同期は赤字となった利益では、黒字に浮上している。営業利益が13億2100万円、経常利益が16億6900万円、当期純利益は11億3600万円だ。
 業績好調を受けてブシロードは、通期業績予想も上方修正している。連結売上高は367億円から387億円に、営業利益は13億円から22億円に、経常利益は13億円から31億円に、当期純利益は7億円から22億円に引き上げる。

 業績の伸びは、主力事業のトレーディングカードゲーム(TCG)とマーチャンダイジング(MD)部門の好調が理由だ。
 TCGは利益率が高いため利益の拡大にもつながっている。「ヴァイスシュヴァルツ」が「ホロライブプロダクション」の人気もあり四半期では過去最高の売上げ、「ヴァンガード」も新シリーズ「カードファイト!! ヴァンガード overDress」が海外で好調となった。売上高は36億2300万円、26%増である。
 MDはカプセルなどが好調。「原神」やここでも「ホロライブプロダクション」といった他社作品のOEMが過去最高水準だった。売上高は12億9000万円、60%増。
 メディア部門は劇場版「スタァライト」の興行収入からの製作委員会配分があり、こちらも前期の2倍だ。売上高12億9000万円(100%増)。ただしゲーム部門は苦戦した。売上高21億8300万円(10%減)だ。

 また前期はコロナ禍対応で苦しんだライブ事業は、引き続き赤字に沈んだ。売上高が24億4900万円、営業損失4000万円である。新日本プロレスやスターダムのあるスポーツ部門が引き続き軟調であった。
 音楽部門は回復基調にあり、るBanG Dream!9th☆LIVE「The Beginning」「Mythology」を開催、音楽・映像ソフトも好調となった。また助成金のJ-LODliveの活用も利益を押し上げた。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る