東映と東映アニメーション音楽出版の共同会社 コヨーテが解散

企業ニュース

 映画「しまじろうとそらとぶふね」、「うちの3姉妹」などを手がけた映像企画・制作会社のコヨーテが、解散する。2021年に開催された定時株主総会で会社解散を決議し、清算会社へ移行した。

 コヨーテは2017年8月に東映が34%、東映アニメーション音楽出版が33%、アニメ制作のDLEが33%の出資でオリジナルアニメの企画会社として設立された。2019年にDLEが持株を譲渡し以降は、東映アニメーション音楽出版と東映の傘下にあった。代表取締役会長を東映アニメーション出身の森下孝三氏、代表取締役CEOを東映出身の吉村文雄氏が務めている。
 
 小さなチームでのオリジナルコンテンツの企画開発を目指してきた。オリジナルコンテンツでは「東映まんがまつり」で上映されたストップモーションアニメーション『りさいくるずー』シリーズを手がけた。
 また中国でも映画公開された映画『しまじろうと そらとぶふね』の日本語版の制作プロデュース、また実写映画『超・少年探偵団NEO-Beginning-』なども企画している。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ANNECYYAMADA
     2022年6月13日にフランスのアヌシーで始まった国際アニメーション映画祭に、日本からゲストが次々…
  2. 新潟国際アニメーション映画祭
     2000年代に入り、アニメーションのグローバルな広がり一段と進んでいる。日本は世界有数のアニメーシ…
  3. 諸葛四郎
     2022年4月21日より、東京・虎ノ門の台湾文化センターにて、「タイワニーズ・アニメーション~最新…
ページ上部へ戻る