TBSホールディングス第2Q増収増益 アニメ販売は海外好調

ファイナンス決算

TBSホールディングスが11月4日に発表した2017年3月期第2四半期決算は堅調を維持、売上高は小幅増ながら、増収増益を確保した。連結売上高は1725億800万円(1.6%増)、営業利益は73億3800万円(25.1%増)、経常利益は109億9000万円(29.7%増)、当期純利益は68億4000万円(41.5%増)である。テレビ収入が増加する一方で、番組制作費が抑えられことが利益の拡大につながった。

TBSホールディングスのアニメ関連事業は、全体に占める割合は大きくない。また、複数の部門にわたっておりやや判り難くなっている。特に番組販売は事業局映画・アニメ事業とメディアビジネス局海外事業に分かれている。しかし、いずれも事業の増収となっており、海外を中心にアニメ関連事業が好調であることが読み取れる。
事業局アニメ事業の売上は5億3600万円、前年より1億900万円の前年比で25%増収となった。アジア向けの海外番販が好調だったためという。また海外事業は売上高12億7000万円で2億4300万円の増加。ここでもアジア市場でのセールスが非常に好調とし、「SASUKE」の世界展開とアニメの番組販売を理由にあげている。

映画・アニメ事業のうち映画事業も9億3500万円と27%増。『64-ロクヨン-』前後編のヒットが貢献し、海外向け販売も好調だった。ライセンス事業の売上高は4億7500万円、6800万円の増収。「ぐでたま」などの商品化が好調だったとしている。
一方、映像コンテンツ事業はDVDが苦戦し、堅調なオンデマンドでカバーした。売上高は17億8600万円(2.4%減)であった。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 『詩季織々』
     2016年に新海誠監督の『君の名は。』で日本中を揺るがしたコミックス・ウェーブ・フィルム(CWF)…
  2. 「21世紀のアニメーションがわかる本」、土居伸彰
     2017年9月に土居伸彰氏が上梓した「21世紀のアニメーションがわかる本」のページを開いた時に、軽…
  3. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
ページ上部へ戻る