アヌシー映画祭 2017年10月にLAで新イベント開催 GKIDSとヴァラエティが提携


 米国の独立系映画会社GKIDSとフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてハリウッドビジネスの業界誌ヴァラエティ(Variety)が、米国・ロサンゼルスで新イベント「ANIMATON IS FILM」を立ち上げる。6月16日にGKIDS、ヴァラエティ、そして映画祭より発表された。
「ANIMATON IS FILM」は、長編映画のコンペティション、特別企画、回顧特集、短編などを中心に20のプログラムを用意。2017年10月20日から22日まで、ロサンゼルス・ハリウッド地区のTCL Chinese 6を会場にて実施される。ヨーロッパとアジア、そして世界のアニメーションの中心である米国を結びつけることを目指す。

 組織委員会はGKIDSのCEOで創業者のエリック・ベックマン氏、アヌシー映画祭のディレクターのマルセル・ジャン氏、国際見本市MIFAのディレクターのマイケル・マリーン氏、ヴァラエティの発行人ミッシェル・ソブリノ・スターンズ氏らを中心に構成される。映画祭と映画会社、メディアがタッグを組むユニークな取り組みだ。

 GKIDSはニューヨークに拠点を持つ米国の独立系映画会社、ニューヨーク国際こども映画祭の主催者としても知られている。また世界各国のクオリティの高いアニメーションの北米配給を手がけている。その中には、スタジオジブリの作品や『百日紅 〜Miss HOKUSAI〜』、『サマーウォーズ』、『ももへの手紙』など日本アニメも数多い。
『かぐや姫の物語』、『思い出のマーニー』などをはじめ、米国アカデミー賞長編アニメーション部門ノミネートの数では、ディズニー/ピクサーに次ぐ数を誇る。「ANIMATON IS FILM」ではそうした経験が活かされる。

 映画製作、ビジネスが盛んな米国だが、商業面が中心であるため世界的な映画祭は実は意外に数が少ない。世界4大映画祭はカンヌ(ベルリン)、ベルリン(ドイツ)、ベネチア(イタリア)、トロント(カナダ)であるし、アニメーションではニューヨーク国際こども映画祭が数少ない海外映画の上映の場で、アニメーション専門の大きな映画祭は存在しない。
「ANIMATON IS FILM」は、そうしたギャップを埋めることが目的になる。世界的に知られた“アヌシー”のブランドと、GKIDSのイベント運営と映画配給、さらにヴァラエティの持つ映画業界へのネットワークがこれを実現する。

 アヌシーは過去3年で、優れた作品を上映するだけでなく、世界のアニメーション業界の中心として、その役割を大きく変え始めている。ビジネスや人材育成、テクノロジーなどに広い分野への拡張を目指している。
 6月14日には、ソウル・アニメーションセンターと協力した「アヌシー アジア 国際アニメーション映画祭(Annecy Asia International Animation Film Festival)」を2019年秋にソウルで開催することを発表したばかりだ。“アヌシー”を積極的に海外に送り出すのも新しい方向性のようだ。
 米国は国内映画文化が豊かなだけに、海外映画への関心が低い傾向もみられる。「ANIMATON IS FILM」がこうした傾向を変えていくことも期待される。

アヌシー国際アニメーション映画祭

関連記事

ピックアップ記事

  1.  米国の独立系映画会社GKIDSとフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてハリウッドビジネ…
  2. 「マチ★アソビ」vol.18
     アニメ/ゲーム/マンガの大型イベント「マチ★アソビ」の18回目が、2017年5月5日から7日まで徳…
  3. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
ページ上部へ戻る