「アニメ産業レポート2020」サマリー英語版公開、図表と解説で産業紹介

企業ニュース

 一般社団法人 日本動画協会は、2021年3月26日より公式サイトにて「アニメ産業レポート2020 サマリー(英語版)」を公開した。この冊子は2020年11月に協会から刊行された『アニメ産業レポート2020』の「サマリー(日本語版)」を英訳したものになる。
 要約版ではあるが本文は見開きも含めて10ぺージ以上、図表も十数点とまとまったボリュームだ。前年比15%と高い成長率を示したアニメ市場の推移をはじめ、テレビ番組や映画、配信、ビデオソフト、商品化などの各分野別の数値を明らかにしている。ダウンロードは無料で、誰でも自由にダウンロード可能だ。

 レポート本編は本文108ページのほか折り込み図表、2019年アニメ全作品 年間パーフェクト・データなどさらに詳しい情報を掲載している。さらに日本動画協会は毎年、日本語版サマリーに加えて、英語版サマリーを刊行している。基本情報は広く公開することで、業界への理解を深めてもらうのが目的だ。
 さらに本編は英語では現在刊行されていない。このためこのサマリー(英語版)が日本のアニメ産業の数値を示す対外的な貴重な資料・データとなっている。これまでも多くの海外レポート、メディアでその調査結果が引用されている。今回の最新版サマリーも様々なシーンで、数値、解説が活用されることになりそうだ。

Anime Industry Report 2020 Summary
https://aja.gr.jp/english/japan-anime-data

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る