セガサミーHD ジョイポリス運営事業を香港のアニメーション会社に売却

ファイナンス決算

ゲーム大手のセガーサミーホールディングスが、アミューズメントパーク事業の大胆な再編に乗り出した。屋内型テーマパークであるジョイポリスを運営する株式会社セガ・ライブクリエイションの株式の85.1%を香港のアニメーション・キャラクター会社China Animation Characters Companyの子会社China Theme Parkに売却することを決定した。
株式売却により、セガ・ライブクリエイションはセガセミーHDの連結決算から外れる。東京ジョイポリス、梅田ジョイポリスの運営はChina Theme Parkに移る。一方、現在セガ・ライブクリエイションが手がけている横浜と大阪のOrbi事業は分割され、セガグループに移管される。引き続きセガサミーHDが運営する。
セガ・ライブクリエイションを買収するChina Animation Characters Companyは、香港に拠点を持ちアニメーション・キャラクター及びその関連事業を手がけている。セガ・ライブクリエイションを通じて、日本のアミューズメントテーマパーク事業に進出することになる。

今回の事業譲渡は、セガサミーグループの構造改革の一環である。セガ・ライブクリエイションは2015年4月にセガ(現セガゲームス)からジョイポリス、Orbiなどの屋内型テーマパークの開発・運営を分割するかたちで設立された。しかし、子会社を含む同社の前期の売上高が71億6500万円であったのに対して、営業損失6億5700万円、経常損失は7億3500万円であった。赤字体質が、今回の売却の理由とみられる。
譲渡先の選定については、China Animationグループが上海ジョイポリスのライセンスを受けていることから、円滑な運営が出来ると判断した。同社への譲渡価額は6億円となるが、セガサミーHDは約14億円の株式売却損の特別損失の計上を見込んでいる。

セガサミーHDは、今後のアミューズメント・テーマパーク事業は、フェニックスリゾートを通じた国内のフェニックス・シーガイア・リゾート、そして韓国・仁川のParadise Cityなどに経営資源を投下していく。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る