「銀魂」新作エピソード、2021年dTV で独占配信

銀魂 新作アニメ特別編

 バンダイナムコピクチャーズは、人気マンガ『銀魂』を原作とするアニメシリーズの新作エピソードを制作する。2021年公開予定の劇場版に連動した内容で「新作アニメ特別編」としてタイトルは未定、映像プラットフォームdTVでの独占配信を予定する。2020年6月20日に発表した。
 劇場映画は2021年の早い時期に公開としているが、配信エピソードも2021 年早めの時期リリースとしているが今回の発表では詳細はなく、また作品の長さなども明らかでない。今後の告知を持つことになる。

 『銀魂』は空知英秋が「週刊少年ジャンプ」に連載していた人気マンガを原作に2006年に初アニメ化。シーズンを重ねながら2018年まで300話以上が制作されている。地上波テレビで放送されてきた。2010年に『新訳紅桜篇』、2013年に『完結篇 万事屋よ永遠なれ』と2度にわたり劇場映画化が製作され、いずれも大ヒットになった。
 原作は2019年に完結したが新たな劇場映画製作発表されており、それが今回の新作エピソードと連動する。
アニメーション制作のバンダイナムコピクチャーズは、2015年4月より大手アニメ会社サンライズより分社化した。『アイカツ!』『バトルスピリッツ』『TIGER & BUNNY』などの代表作がある。

 今回の発表で注目されるのは、dTVの独占配信タイトルになったことである。近年、アニメファンの番組視聴で配信利用が広がるなかで、配信プラットフォームの独占配信タイトルも増えている。
 しかしその多くはNetflixやクランチロールなどの外資系プラットフォームによるもので、日本のプラットフォームの存在感は低い。国内サービスでは『クレヨンしんちゃん』など既存の人気作品のスピンオフや、劇場映画公開に合わせたプロモーションも視野に入れた新作エピソードなどが中心になっている。今回も。そうしたプロジェクトのひとつとなっている。

「銀魂 新作アニメ特別編」(タイトル未定)
https://video.dmkt-sp.jp/ft/s0007147
2021 年早めdTVにて配信
製作:銀魂製作委員会 アニメーション制作:BN Pictures

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る