「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」配信はAmazonプライムビデオで独占見放題

Amazonプライムビデオ

 定額課金見放題(SVOD)の映像配信プラットフォームの競争は依然激しい中で、大手プラットフォームのAmazonプライムビデオがアニメの独占タイトル獲得に積極的に動いている。2022年9月16日、ガンダムシリーズの劇場新作『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』が、Amazonプライムビデオにて独占配信されることが明らかになった。
 2022年10月1日0時より、見放題タイトルのひとつとして配信をスタートする。『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』は、1979年のテレビアニメシリーズ『機動戦士ガンダム』の第15話「ククルス・ドアンの島」を原案に当時のキャラクターデザイン、作画監督だった安彦良和が監督として43年ぶりに長編劇場アニメとした話題作だ。ガンダムファンの熱い支持を受け、これまでに興行収入10億9000万円、55万人を動員するヒットとなっている。
 Blu-rayとDVD劇場での先行発売はあったものの、通常商品は2022年11月25日発売予定。見放題以外の配信は現在までなく、発表もされていない。Amazonプライムビデオでの配信は独占性が非常に高く、さらに見放題プランのなかでより多くのファンに手頃な価格で届くのが特徴となる。熱量の高いガンダムファンをAmazonプライムビデオに目を向けさせる。顧客獲得競争の目玉作品のひとつとなるが、思い切った投資だ。

 Amazonプライムビデオの新作劇場アニメの見放題独占配信は、2021年8月にも『シン・エヴァンゲリオン劇場版』で実施され注目を集めた。こちらは世界配信独占でBlu-rayとDVDは現在も未発売である。
 これまでAmazonプライムビデオのアニメタイトルはより多くのタイトルを網羅的揃えることが注力さていた。必ずしも独占タイトルは多くなかった。
 しかしこうした方向性が、いま変わり始めている。今年9月には『ゴールデンカムイ』第四期、『モブサイコ100 Ⅲ』、『ポプテピピック』 第2シリーズと10月スタートの人気タイトルの続編をいずれも見放題独占配信で獲得した。さらに『僕のヒーローアカデミア 第6期』、『チェンソーマン』といった話題作は国内最速での配信となる。

 アニメ強化の動きは、マーケティングの変化からも読み取れる。アニメラインナップの強化を掲げて、この9月からはアニメ専用Twitterアカウントも開設している。アニメファンに向けた情報発信力を強化している。こうした動きがライバルとなるNetflixやディズニープラス、Huluなどにどういった影響を与えるかもあり、目が離せない動きだ。

Prime Video Anime Twitterアカウント
@PrimeVideoAnime  https://twitter.com/PrimeVideoAnime

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  2022年9月21日から25日まで5日間にかけてカナダで開催された第46回オタワ国際アニメーション…
  2. 海外ビジネスセミナー
     東京都に拠点を持つ中堅・中小企業、個人事業主を対象にした「海外進出ステップアッププログラム」をこの…
  3. ANNECYYAMADA
     2022年6月13日にフランスのアヌシーで始まった国際アニメーション映画祭に、日本からゲストが次々…
ページ上部へ戻る