Netflixが世界ウィクリートップ10公開、専用サイト「Top 10 on Netflix」オープン

Top 10 on Netflix

 世界最大のSVOD(定額課金)の映像配信会社Netflixが、自社の視聴データの大幅な公開に踏み切った。2021年11月16日(米国時間)、新たに公式ウェブサイト「Top 10 on Netflix」(Top10.Netflix.com)をオープン、全世界及び各国別、種類別のウィクリートップ10の公開をスタートした。
 ランキングは視聴者やクリエイターが人気作品について、いつでも簡単に情報を得られるようにするものだ。Netflixによれば配信する作品の視聴時間などのデータをタイムリー、オープンかつ透明性高いものにすることが目的だという。データは外部会計事務所のErnst &Youngが検証をして、2022年にはレポートも発表する予定だ。透明性、公平性を重視する。

 これまで一部の情報を別にすると、Netflixの視聴データの公開は限られていた。これに同社とパートナーを組む制作会社やスタッフからしばしば不十分との声がでていた。自ら制作した作品の一般での評価が掴みにくく、また契約交渉の際にNetflix側が多くのデータを持つのに対して制作側は十分な情報がなく不利になるからだ。
 今回のトップ10サイトの立上げは、視聴者サービスに加えて、こうした制作側への配慮もありそうだ。近年はデイリーランキングの公表などを徐々に進めていていたが、さらに足を踏み込む。特にランキングに加えて視聴回数の公開は大きな決断だ。ライバルの配信会社が増えるなかでの差別化のひとつにもなりそうだ。 

 公開されるランキングは、かなり充実している。まず世界(グローバル)のトップ10リストが「映画(英語)」「映画(非英語)」「シリーズ(英語)」 「シリーズ(非英語)」の4部門、さらに「映画」と「シリーズ」の総視聴時間のトップ10も別に公開する。視聴数でなく、視聴時間の重視は直近の四半期決算の発表で、Netflixが打ち出したばかりだ。また世界ランキングに加えて、日本を含む90以上の国・地域別のTOP 10リストも公開する。
 いずれも毎週月曜日から日曜日の間に総視聴時間を集計し、火曜日に公開する。現在は英語とスペイン語にのみのサイトだが、2022年以降に日本語対応も予定する。初回のランキングでには早くも『鬼滅の刃』 もあるなど、日本のファンからも注目を集めそうだ。

「Top 10 on Netflix」
https://top10.netflix.com/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る