ワーナー「HBO max」が5月27日スタート「Disney+」は6月日本上陸

配信

 グローバル規模での定額課金(サブスクリプション)型の映像配信プラットフォームの競争が、いよいよ激化の様相を見せている。
 2020年第1四半期の決算に合わせて、AT&Tはワーナーメディアの運営する新サービス「HBO max」の5月27日スタートを発表した。これに前後して、独自プログラムも次々も明らかになっている。

 先行する各プラットフォームの動きも活発だ。世界最大規模のNetflixは、第1四半期に大幅に契約者数を増やし1億8000万世帯越え、2019年11月に立ち上がったばかりの「Disney+」は5450万世帯に到達した。
 「Disney+」は2020年にサービス地域を急拡大している。当初は米国・カナダの北米とオーストラリアとニュージランドのオセアニア英語圏などに限られていた。これが今年3、4月には英国・イタリア・スペイン・ドイツ・フランスなどヨーロッパに本格上陸、アジアでは4月3日のインドでサービスインした。
 そして今回、6月の日本上陸が明らかにされた。ラテンアメリカや北欧、他のアジア諸国に先駆けての進出になる。日本でのディズニーブランドの群を抜いた強さ、さらにNetflixが契約数で勢いを増していることも理由にありそうだ。市場獲得で出遅れられないとの狙いがみられる。

 「HBO max」は、米国以外の展開は明らかでない。グローバル展開は前提とみられるが、既存サービスですでに「HBO」のブランドが築いているラテンアメリカやヨーロッパが先行するとみられる。
 ワーナーグループと日本との関係でむしろ注目されるのは、アニメ特化の配信プラットフォーム「クランチロール」との関係だろう。Netflixに続き、日本のアニメ企業を巻き込んだオリジナルタイトルに乗り出し「クランチロールオリジナル」を積極的にアピールする。日本アニメの新たな資金の出し手になるかが注目される。

 アニメ業界にとっては、こうしたグローバル・プラットフォームがどの程度、日本アニメと絡んでくるかが関心を呼ぶ。Netflixと同様に注目を浴びてきたAmazonプライムはオリジナルタイトルや独占には、考えられていたほど積極的でない。
 2019年11月にスタートしたアップルの「Apple TV+」も、日本アニメについては話を聞かない。ハイクオリティを目指したオリジナルに力をいれるとしているが、国内外、実写も含めて作品数は限られており、日本アニメの入る余地は少なそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る