博多にCGアニメの新スタジオ設立 カラーとドワンゴ、地元企業・麻生が協力

プロジェクトスタジオQ

 アニメ製作の株式会社カラー、エンタテインメント企業のドワンゴ、そして麻生専門学校グループは、2017年7月3日付で株式会社プロジェクトスタジオQ(Project Studio Q, Inc.)を設立した。アニメとCGの制作会社で、福岡市博多に本社を置く。
 7月12日に発表記者会見を開催、カラー代表取締役社長・庵野秀明氏、学校法人麻生塾理事長・麻生健氏、ドワンゴ代表取締役会長・川上量生氏、高島宗⼀郎・福岡市長が出席した。新会社は、福岡から映像発信を目指す。設立発表と同時に公式サイトもオープン、モデラー、アニメーター、ディレクター、テクニカルスタッフ(CGプログラマー)、システムエンジニアスタジオといったスタッフの募集も開始した。

 カラーは「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズで知られるアニメスタジオ、庵野秀明氏が代表取締役を務めている。「プロジェクトスタジオQ」の名称も、シリーズ最新作の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を彷彿させる。
 ドワンゴは持株会社カドカワの子会社で、ニコニコ動画の運営などで知られるが、クリエイター教育も主要事業のひとつだ。一方、麻生塾は、福岡地域の複合企業・麻生グループの中核会社。麻生副総理の親族企業としても知られている。新会社の拠点が博多であるのは、麻生塾の協力が大きいとみられる。

 福岡はかねてより、ゲーム産業の集積でよく知られている。もともとゲーム関連企業が多かったことに加えて、地元行政も長年ゲーム企業の誘致や環境づくりに尽力してきたためだ。
 現在は、これに加えてアニメーション関連企業の誘致にも力を入れている。有名スタジオの福岡進出となったプロジェクトスタジオQ設立は、そうした流れにも弾みをつけそうだ。

 新会社は映像制作のほか、人材育成にも携わる。庵野氏は、CGアニメーションを主とした人材育成を目的のひとつに挙げる。専門学校運営の麻生塾がプロジェクトに加わっていることからも、教育の占める比重の高さが分かる。
 代表取締役社長には、ドワンゴ取締役の太田豊紀氏が就任。カラーの小林浩康氏、麻生塾の麻生健氏が取締役を務める。また創作管理統括は、庵野秀明氏自身が行う。技術管理統括はドワンゴの鈴木慎之介氏が担当する。
 カラーとドワンゴは、クリエイターのオリジナルアニメプロジェクト「日本アニメ(ーター)見本市」でも共同事業を組んでいる。今回もそうした枠組みを継続するなかでの新たな挑戦となる。

株式会社プロジェクトスタジオQ
https://studio-q.co.jp/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る