2019年世界映画興収前年並み420億ドル 、米中で伸び悩み

映画ビジネスのニュース

 米国のMPA(Motion Pictures Association)はこのほど「2019 THEME レポート」をまとめ、2019年の米国及び世界の映画関連統計を公表した。
 MPAは米国の大手映画製作会社30社から構成される業界団体である。映画製作に関連する活動をしており、映画産業統計のとりまとめもそのひとつ。北米で最も充実した映画産業のレポートになっている。2019年からは映像プラットフォーム大手のNetflixもメンバーに加わり、今回の統計から同社製作もMPA会員作品に含まれる。

 MPAの調査では、2019年の世界の映画興行収入は総計で422億ドル(4兆5500億円)となった。世界的な映画産業の成長は続くが前年比1%増と低い伸びにとどまった。
 低成長は世界2大市場である北米、中国が伸び悩んでいるためだ。北米(米国・カナダ)は114億ドルで4%減少、中国は1%増の93億ドルであった。成長率では中国が北米を超えたが、現状で北米と中国の市場規模にはまだ差がある。

 こうしたなかで高い成長をみせたのが19%増なった日本で、アジア太平洋の市場拡大を牽引した。2019年がヒット作に望まれたことに加えて、円高傾向であったこともドル表示の伸びを押し上げた。
 日本の興行収入は24億ドルで、北米、中国に次いで第3位になる。さらに韓国が英国を上回る16億ドルで初めて4位につけた。これにより北米以外の上位は中国、日本、韓国の東アジア3ヵ国が占めることになった。大作映画のグローバルビジネス化がますます進むなかで、東アジアのマーケット、その人気動向の重要性が増しそうだ。
 5位以下は、英国(16億ドル)、6位フランス(16億ドル)、7位インド(16億ドル)、8位ドイツ(12億ドル)、9位メキシコ(10億ドル)、10位ロシア(9億ドル)。伸び率ではメキシコの13%増、ドイツとイタリアの9%増が大きかった。

 世界の映画興行は伸び悩んだが、ホームビデオとデジタル配信(定額課金除く)は、配信を軸に急成長を続けている。世界市場は映画興行を上回る588億ドルの14%増。ホームビデオは18%減101億ドルと大きく減少したがデジタルが24%増の487億ドルだった。
 またサブスクリプション(定額課金)市場は8639億ドル。28%増と急伸しており、MPAの統計からも配信ビジネスの拡大ぶりが窺える。

MPA(Motion Pictures Association)
https://www.motionpictures.org/https://www.motionpictures.org/

「2019 THEME レポート」
https://www.motionpictures.org/research-docs/2019-theme-report/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る