映像ソフト2019年10.7%減1590億円 ファン向けアニメ販売0.8%減で前年並み

DVD/Blu-ray

 日本映像ソフト協会は、2020年3月12日に「JVA 2019 年年間統計調査結果」を発表した。2019年一年間の国内ビデオソフト(映像ソフト)の売上高を集計したものである。
 統計によれば2019年のビデオソフトの総売上高は1590億9300万円で前年比10.7%減だった。金額では約190億円の減少で15年連続マイナスだった。長期低減傾向が抜け出せない。DVD販売が前年比19.8%減と大きかったのに加えて、Blu-rayも0.9%の減少に転じた。
 
 減少幅が大きかったのはレンタル店用向けで、売上高279億5700万円と19.9%の減少であった。前年の349億400万円からさらに大台を割り込んだ。なかでもアニメファン向けが中心となる「日本のアニメーション(一般向け)」は23.5%と減少幅が大きく、43億3900万円であった。 
 レンタル向け市場の急激な縮小は、DVD/ Blu-rayレンタル利用のユーザーが競合する動画配信市場の急成長の影響も多いと見られる。ユーザーのニーズは急速に配信に移っており、市場縮小傾向は今後も続きそうだ。

 対称的に「日本のアニメーション(一般向け)」の個人向け販売は、322億8700万円と前年比0.8%減とほぼ前年並みにとどまった。2018年の大幅な落ち込みから歯止めがかかったかたちだ。レンタルに較べて、個人所有のニーズは依然少なくない。
 国内外、一般向け・子ども向け全てを含むアニメーション全体でも個人向けの減少は約1%減である。市場縮小の中心はレンタル向けで、2019年には個人向け販売は下げ止まっていたことがわかる。
 アニメーションの全体の売上金額は467億4600万円、日本のアニメーション(一般向け・子ども向け)が394億1400万円。日本のアニメーション(一般向け)の個人向けは、全体の69%を占める。アニメファンのDVD、Blu-ray購入が市場を支えている。市場全体におけるアニメーションの存在も大きく、こちらは全体の29%、3割近くを占める。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. デジタルコンテンツ白書2020
     一般財団法人デジタルコンテンツ協会は、経済産業省商務情報政策局の監修による『デジタルコンテンツ白書…
  2. 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
     日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を題材にした企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・…
  3. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
ページ上部へ戻る