AnimeJapan 2020、会場面積20%縮小も延べ約200社出展

AnimeJapan 2020

 国内最大規模の総合アニメイベント「AnimeJapan 2020」が、3月21日から24日まで開催される。昨年に続き前半2日間がファン向けのパブリックデイ、後半2日間がビジネス・企業関係者向けのビジネスデイになる。
 「AnimeJapan」は2014年にスタートし、毎年3月末に開催される。今年7回目を迎え、アニメファンには既に見慣れた風景と言っていいだろう。

 しかし2020年は、これまでと異なる大きな変更がある。東京ビッグサイトにおけるメインエリア会場の変更だ。これまでは東館の全ホール使用で開催してきた。しかし夏の東京オリンピック・パラリンピック対応のため使用が出来なくなっており、新たに西ホールと南ホールの全てを利用するかたちになる。東ホール以外での開催は「AnimeJapan」初になる。
 これによりメインエリアの会場面積は、2019年より20%以上縮小する見込みだ。お馴染みのエリア構成も大きく変わる。

 公式サイトによれば企業出展は西ホール2~4と1の一部、南ホール3と4、併催の「ファミリーアニメフェスタ 2020」が西ホールの残り部分を使用する。主催企画やオフィシャルショップは西ホールアトリウムになる。
 南ホール1と2は、コスプレイヤーズワールドとステージに充てられる。しかしこのステージがこれまでより縮小されるようだ。昨年は会場内に4つのステージを設けていたが、今年はAJステージとオープンステージの2つとなっている。
 メインエリアの出展小間数は現段階で1026小間、昨年の1040小間とほぼ同じ規模となる。企業・団体数は135社だ。ステージスペースの調整で出展面積を確保したかたちだ。

 23日、24日のビジネスエリアは、昨年と同様で会議棟6F会議室と1Fレセプションホールを使用する。こちらは現時点で48社65小間の出展が決まっている。ファミリーエリア15社37小間、前年の10社22小間から大幅増になる。
 期間中は前年並みの15万人(前回14万6616人)を見込む。今年もアニメのビッグイベントとして盛り上がりそうだ。

 さらに1月27日(月)19時30分より、アニメイト池袋本店9F アニメイトホールにて「AnimeJapanプレゼンテーション」を実施する。AJステージプログラムや、主催企画などをこの場で一挙に発表する。発表の様子はニコニコ生放送、YouTube Live、Periscope にて生配信する予定だ。

AnimeJapan 2020
https://www.anime-japan.jp

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る