毎日映画コンクール アニメーション部門候補に長編8作品、短編13作品

アワード/コンテスト

 毎日新聞社とスポーツニッポン新聞社が共催する「毎日映画コンクール」の第74回候補作品が、2019年12月20日に発表された。アニメーション部門の候補作も明らかになっており、長編映画8作品、短編映画13作品のタイトルがあがった。
 毎日映画コンクールはアニメーション部門にアニメーション映画賞と大藤信郎賞のふたつのアワードを設けるが、ノミネート段階ではこのふたつは区分していない。さらに長編映画、短編映画にも区別を設けていないのが特徴だ。21作品は隔てることなく審査されるため、21作品全てにふたつの賞を受賞する可能性を持つ。

 ただしノミネート対象は、2019年1月1日から12月31日までに上映された映画(予定を含む)、もしくは完成した作品(テレビ作品は含まない)となる。このため12月20日に公開されたばかりの『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』も候補に含まれている。

 長編映画はこの他に、『海獣の子供』、『きみと、波にのれたら』、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』、『空の青さを知る人よ』、『天気の子』、『薄暮』、『HELLO WORLD』、『プロメア』の名前が挙がっている。映画としてオリジナル企画されただけでなく、原作・原案も映画のためのオリジナルが目立つ。また若手から中堅の野心的な作品が多い。いずれも高い評価を受けており、2019年の劇場映画の充実ぶりを感じさせるのに充分だ。
 短編映画も多彩だ。巨匠・山村浩二の最新作『ゆめみのえ』といったベテランと共に美術大学・大学院 の卒業制作が並ぶ幅広さになっている。『マイリトルゴート』のように海外映画祭でも受賞経験がある作品や、日本に留学する外国人作品などグローバルだ。

 毎日映画コンクールは、第二次世界大戦前の1935年にスタートした、国内で最も歴史のある映画賞のひとつである。その歴史の長さと確かな選考で、長年数ある映画賞のなかでも高い関心を集めてきた。
 アニメーション部門も、1962年に設立された大藤信郎賞が日本で最も古い映画賞となっている。1989年には、これとは別にアニメーション映画賞が設けられた。現在は映画として総合評価するアニメーション映画賞、実験的なアニメーションや斬新な映像表現を評価する大藤信郎賞と分けられている。
 昨年の第73回はアニメーション映画賞に『若おかみは小学生!』、大藤信郎賞には『リズと青い鳥』が選ばれた。いずれも長編作品であった。今回はノミネート作品から5人で構成する2次選考委員が受賞作品を決定し、2020年1月に発表する。2月に授賞式が開催される。

毎日映画コンクール https://mainichi.jp/mfa/

【アニメーション部門】アニメーション映画賞・大藤信郎賞 ノミネート作品
()内は監督名

【長編映画】
『海獣の子供』(渡辺歩)
『きみと、波にのれたら』(湯浅政明)
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』(片渕須直)
『空の青さを知る人よ』(長井龍雪)
『天気の子』(新海誠)
『薄暮』(山本寛)
『HELLO WORLD』(伊藤智彦)
『プロメア』(今石洋之)

【短編映画】
『ある日本の絵描き少年』(川尻将由)
『鬼とやなり』(副島しのぶ)
『くじらの湯』(キヤマミズキ)
『サイシュ~ワ』(ぬQ)
『『四月』Pieces of April』(周小琳)
『深海の紅』
『絶望の怪物』(コタニジュンヤ)
『創造的進化』(ソン・ヨンソン)
『澡堂的象―浴場の象―』(程嘉琳)
『FIREHEAD』(山田遼志)
『マイリトルゴート』(見里朝希)
『めかくれ』(野中晶史)
『ゆめみのえ』(山村浩二)

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る