ブシロード第1四半期売上高83億円、製作委員会収入増で利益急伸

ファイナンス決算

 エンタテイメント事業のブシロードが、2019年7月の東証マザーズ市場上場以来初の四半期決算を12月13日に発表した。好調な業績を背景にした株式上場であったが、上場後は事業拡大のスピードがさらに加速しているようだ。
 19年8月1日から10月30日まで (2020年7月期第1四半期) の連結売上高は、83億600万円。前年同期比で12.7%の二桁増となった。とりわけ利益の伸びが大きく、営業利益は12億300万円(74.6%増)、経常利益は12億2400万円(75.9%増)、純利益は6億4200万円(85.5%増)になっている。

 ブシロードは自社事業を、デジタルとライブの二つに区分しているのが特徴だ。デジタルIP事業にはトレーデイングカードゲーム、スマホアプリゲーム、アニメなどへの製作出資、グッズ・商品化、声優関連などが含まれる。ライブIP事業は音楽や舞台のライブイベント、さらにプロレス、女子プロレス、キックボクシングも含める。スポーツ部門を音楽・舞台と同じライブエンタテインメントとしている。同社のエンタテイメントに対する考え方が現れている。
 デジタル事業、ライブ事業とも自社コンテンツの「バンドリ!」のヒットが牽引している。自社配給した映画『BanG Dream! FILM LIVE』は来場者数15万人以上、興行収入は3億円に達した。「バンドリ!」発のリアルバンド「Roselia」の初野外ライブは会場とライブ・ビューイングを合わせ2日間で約4.3万人を動員した。

 デジタルIP事業の売上高は59億8600万円(7.3%増)、営業利益7億6000万円(124.9%増)で増収増益だった。9月26日にリリースした「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS」が1ヵ月足らずでユーザー数300万人を突破するなどアプリゲームが引き続き好調だった。加えて「バンドリ!」を中心に自社IPが成長し、製作委員会からの配分収入が伸びた。
 ライブIP事業の売上高は23億1900万円(29.3%増)、営業利益4億5000万円(27.5%増)。こちらも増収増益だった。「Roselia」の初の野外ライブだけでなく、新日本プロレスの「G1 CLIMAX 29」も10地域の興行で約9.7万人を動員し勢いがあった。新日本プロレスは米国、英国の海外興行も成功している。今後は海外事業に成長を期待する。

 利益面を中心に業績が好調だが、通期業績予想の変更はしない。第2四半期以降に複数の新作アニメへの投資の償却があること、新作アプリゲームの費用計上をするためだ。さらに広告宣伝も積極的に展開する予定とする。伸びる利益は、一段の投資に振り向ける方針だ。
 積極姿勢は企業投資にも表れている。2020年7月期、上場以後にM&Aや資本提携を通じた事業拡張が続いている。9月にはステージ事業の劇団飛行船と資本業務提携、10月には女子プロレス「スターダム」を事業取得した。さらに11月にはアニメ制作会社のキネマシトラス、サンジゲンに相次いで出資した。パートナー企業との関係強化にも積極的だ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る