「銀魂祭り」に200万人超、新海誠、進撃の巨人 AbemaTV 9月視聴ランキングをアニメ席巻

AbemaTV2016年9月月間番組視聴者数ランキング

サイバーエージェントとテレビ朝日が共同で運営するインターネット放送AbemaTVを、アニメが席巻している。AbemaTVが発表した2016年9月の月間番組視聴者数ランキング1位は、「アニメ放送10周年記念!銀魂祭り~人気長編12時間一挙SP~」だった。
またベスト10のうち8番組をアニメが占めたほか、ベスト30でも20番組が「アニメ24」「深夜アニメ」「なつかしアニメ」の3チャンネルからとなったAbemaTVは現在約30チャネルを運営しているが、アニメチャンネルの利用の高さが分かる。

月間ランキングは2016年9月1日から9月30日までにAbemaTVで配信された全番組を対象にしている。アニメ以外にも、ニュース、バラエティ、音楽ライブ、スポーツなどの番組が対象だ。
1位となった「銀魂祭り」は、空知英秋のマンガを原作に2006年から続くシリーズの中からAbemaTV独自の傑作選として長編エピソードをピックアップ12時間にわたり配信した。人気作品に加えて、連続するエピソードのいっき観が視聴者の関心を集めたようだ。視聴者数は204万7710と、2位以下を40万以上引き離す断トツの1位であった。

2位は新海誠監督の映画を集めた「『言の葉の庭』『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』3作品一挙放送」である。監督の最新作『君の名は。』が大ヒットの中で、その代表作がまとめて観られるということで人気になった。こちらの視聴者数は、160万735だった。
アニメ作品ではこのほか3位、4位、8位を『進撃の巨人』の一挙放送がつけている。特に4位、8位はいずれも「進撃の巨人 一挙放送 前編」で、視聴者数の合算は221万あまりと1位の「銀魂祭り」を超える。
テレビシリーズに一挙放送は、とりわけ人気の高いジャンルだ。『進撃の巨人』以外にも、『ハイキュー!!』、『戦姫絶唱シンフォギアG』、『ひぐらしのなく頃に解』、『メジャー』、『蟲師』、『セーガーペイン』、『ラーゼフォン』、『蒼穹のファフナー』、『ゼロの使い魔』などがベスト30にタイトルを連ねる。最新作だけでなく、過去の人気作が人気を集めているのも特徴だ。
アニメ以外では、『EXILE EXTREME BEST発売記念! SP LIVEセレクション』が2番組、ベスト10に入っている。全体にアニメが多いのは、配信ビジネスのスタート時に熱心なファンが多いアニメが牽引するパターンがここでも繰り返されたかたちだ。

AbemaTVは、サイバーエージェントとテレビ朝日が共同出資で2016年4月にスタート。スマートフォンやPCなどで様々な番組を楽しめる。これまでの配信サービスに多いオンデマンドとせず、テレビのような番組編成を組むのが特徴となっている。現在は、約30チャンネルを無料で提供している。
スマートフォン向けアプリのダウンロード数は、開始6ヵ月で900万を超えた。その普及の早さも注目を浴びている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る