Flying Ship Studioが米国企業と新作企画で提携 あにめたまご発の「キャプテン・バル」


 CGアニメを得意とするFlying Ship Studio(フライングシップスタジオ)が、米国のアニメーション会社Verité Entertainmentと共同事業に乗り出す。2019年10月12日からフランス・カンヌで国際番組見本市MIPJunior/MIPCOMがスタートしたのに合わせて、現地で発表された。
 両社は協力してFlying Ship Studioが開発したオリジナルアニメ『キャプテン・バル』のテレビシリーズ制作を目指す。5歳から9歳の子どもをターゲットにしたコメディ番組だ。
 Veritéはロサンゼルスの本社とバンクバーにスタジオを持つ独立系のアニメーションスタジオで、特にポストプロダクション分野を得意としている。現在は独自のコンテンツ開発も進めており、その中でFlying Ship Studioとの提携を決めた。
 今回の提携ではFlying Ship Studioがアニメーション制作をし、Veritéはその英語を制作する。両社はグローバルマーケットに向けたピッチとプリセールをする。

 Flying Ship Studioは2012年に設立、東京・中野にあるCGスタジオだ。これまではCMや劇場アニメ、テレビシリーズのCGパートを担当することが多かった。
 一方、近年は制作体制をさらに整え、また自社オリジナルの作品に取り組んでいる。今回提携が決まった『キャプテン・バル』は、文化庁の若手アニメーター等人材育成事業「あにめたまご2019」の一環としてまずパイロット版を制作した。そのパイロット版を見たVeritéが、作品を気に入ったことが今回のきっかけとなった。

 Flying Ship Studioは、2019年の東京都によるフランス・アヌシーの国際アニメーション見本市MIFA2019出展支援プログラムにも参加している。この際はストップモーションのようなルックのCGアニメ『チルタとチャンルラ』をピッチした。
 中堅規模のスタジオながら積極的な海外向けのプロモーションが、ビジネスの拡大に結びついたかたちだ。

Flying Ship Studio(フライングシップスタジオ)
https://www.flyingship.co.jp/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る