バンダイナムコHD業績好調 ドラゴンボールにワンピース、海外は北米伸長

ファイナンス決算

 玩具・ゲーム・アニメの大手企業バンダイナムコホールディングスの今期の業績が依然好調だ。2月7日に発表された2017年3月期第3四半期の決算は増収増益で、特に利益面では前年同期比で約3割増となっている。
 第3四半期までの連結売上高は4591億300万円(8・0%増)、営業利益は601億6000万円(32.9%増)、経常利益は605億3900万円(28.3%増)、当期純利益は465億300万円(34.3%増)である。
 バンダイナムコHDは2016年11月に通期業績予想を見直したばかりで、過去最高の売上高と利益を見込んでいる。しかし、第3四半期の段階で営業利益、経常利益、当期利益の全てで通期の業績予想を上回り、すでに前年を超えている。第4四半期で次年度にむけた仕込みを積極化するとしているが、現在の予想を超えてくる可能性は高そうだ。

■ 海外はアメリカ、アジアが堅調 ヨーロッパは弱含む

 業績の好調は有力キャラクターの売上が拡大していることが大きい。ドラゴンボールは前年同期の250億円から6割増の396億円、ワンピースは173億円から232億円の3割増となっている。ガンダムシリーズ、仮面ライダーシリーズ、アンパンマン、プリキュアも売上高を伸ばした。ブームが一段落した妖怪ウォッチが303億円から89億円に減少した分をカバーした。
 キャラクターや作品の活用の範囲がますます広がっており、人気IPを多く持つバンダイナムコHDに追い風が吹いている。またそうしたIPの活用は海外にも広がっており、近年は海外からの利益も拡大している。
 売上高で伸びの大きかったのは、アメリカで24%増の380億4400万円、利益も40億2000万円と14.8%増だった。アジアの売上高はほぼ前年並みの309億6000万円、しかし在庫の適正化も進めたことから利益は68億3100万円と22.1%増と大きく伸びた。経済全体の低迷が続くヨーロッパは売上高288億6500万円(31.4%減)、営業利益は30億円(15.6%減)だった。海外売上高比率は20%を超える。

■ トイ事業はハイターゲットを推進 バンプレストはトイホビー部門に異動

 事業別では好調だったのは、ゲームを中心としたネットワークエンターテイメント事業である。売上高は2804億5300万円(23.2%増)、営業利益は385億2500万円(102.3%増)。
 家庭用ゲームソフトで『DARK SOULS Ⅲ』や『ドラゴンボールゼノバース2』がヒットしたほか、スマートフォン向けゲームアプリ、PCオンラインも好調だった。『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』、海外の『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』が支えた。

 一方でトイ事業は売上高1460億2800万円(9.9%減)、営業利益は126億7900万円(27.7%減)と減収減益であった。前年の『妖怪ウォッチ』ブームの反動が大きかったと見られる。
 今期は大人に向けたハイターゲット玩具に力を入れている。こうした施策は国内だけでなく、アジアでも効果を発揮している。ガンダムシリーズや大人向けのコレクション性の高い玩具が好調だ。
 こうした一環として、これまでネットワークエンターテインメント事業に属していたバンプレストとその関係2社をトイ事業に移管した。ハイターゲット向け商品の強化を目指す。

 映像音楽プロデュース事業は、『ガールズ&パンツァー』、『ラブライブ!』、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』が好調だった。売上高は409億8000万円(8.5%増)、営業利益は119億3300円(18.6%増)の増収増益。
 ただし、第4四半期は、前年は『ラブライブ!』ファイナルライブといった大きな売上があった反動が見込まれる。タイトルラインナップ編成も番組の端境期にあたるため、前年同期には及ばないと見通している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る