映画「ポケモン」最新作 米国で2日間限定上映、ポケモンカンパニーが実施

映画ビジネスのニュース

 国内では2017年7月15日より全国公開したポケモンシリーズの最新映画『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』が、この秋に米国で上映される。海外のポケモンビジネスを統括するポケモンカンパニー・インターナショナルは、2017年11月5日(日)と6日(月)の2日間、全米で本作の上映イベントを開催する。
 上映は、ポケモンカンパニー・インターナショナルと劇場上映イベント大手のファントム・イベント(Fathom Events)が協力して実施する。近年、デジタルシネマのネットワークを活用して、日本アニメが映画館で大規模に上映されるケースが増えているが、これもそのひとつになる。一方、子どもの観客が多く見込まれることから、日本アニメのイベント上映に多い字幕ではなく、音声吹替えとなる。

 上映にあたっては、来場者向けに「ポケモン トレーディングカードゲーム」のカードが配布される。ピカチュウがサトシの服と帽子を着た姿になり、市販や配布はされていない今回だけの限定カードになる。
 米国ではトレーディングカードゲーム(TCG)は、日本以上に子どもたちに人気が高い。「ポケモン TCG」はそのなかで常に上位トップ3を維持しており、昨年夏からの「ポケモンGO」ブームもあり、劇場には多くのファンが足を向けそうだ。

 映画『ポケモン』は、ゲームやテレビアニメで人気が盛り上がった1999年に最初の映画が『Pokemon: The First Movie』としてワーナー・ブラザーズ(WB)配給にて全米3000スクリーン規模で公開された。これが興行収入8500万ドルを超える大ヒットになり、米国公開された日本映画の歴代1位を記録した。
 その後も2000年『ポケモン Pokemon: The Movie 2000』(配給WB)、2001年『Pokemon 3: The Movie』(配給WB)、2002年『Pokemon 4Ever』(ディメンションフィルム配給)と続いた。しかし、年々興行収入を落とし、2003年にミラマックス配給で『Pokemon Heroes』が200スクリーンで上映されたのが通常の劇場公開では最後になった。以降は、テレビスペシャルやBlu-ray、DVDでのリリースが続いている。

 そうしたなかで今回は、従来の配給会社に頼らずにポケモンカンパニーが自ら劇場上映に乗りだした点でも大きな動きとなる。米国上陸から20年近くとなり、最近は大人世代のポケモンファンの増加や、「ポケモンGO」のヒットによるキャラクターブランドのリバイバルも指摘される。
 時代を超えたキャラクター、ゲームそしてアニメとして、ポケモンがこれからどう生き残っていくのか。最新映画の劇場上映は、それを見据えた新しい施策ともいえそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る