第27回CGアニメコンテスト 作品賞に「東京コスモ」 グランプリは4回連続“該当なし”

アワード/コンテスト

自主制作のCGアニメーションを対象とする第27回CGアニメコンテストの受賞作品が先頃決定した。9月17日に開催された京都国際マンガ・アニメフェア2016のステージにて発表された。
作品賞に『東京コスモ』(宮内貴広)が選ばれ、アニメーション賞には『ボンとハレトモ~古代遺跡で大慌て~』(uwabami)が決まった。このほか佳作が4作品、入選が13作品と、2016年の時代を映す作品が並んだ。しかし、前回に引き続きグランプリは該当なしとなり、4回連続のグランプリ不在となった。
CGアニメコンテストの入選作品から、今後、アニメーション制作の国際団体戦CGアニカップの代表者が選ばれる。CGアニカップは、2017年に京都、中国、韓国の二都市で開催を予定している。

CGアニメコンテストは1989年に、個人制作のCGアニメーションの作品発表の場としてスタートした。それまで国内では知られることの少なかったインディーズのCGアニメーションの紹介と普及に大き役割を果たした。
この分野で先駆的なイベントで、本コンテストで受賞後に、より大きな商業作品で活躍するクエイターも数多い。2000年には現在『君の名は。』が大ヒット中の新海誠監督が『彼女と彼女の猫』でグランプリに輝いている。『イヴの時間』の吉浦康裕監督、『陽なたのアオシグレ』監督や『台風のノルダ』のキャラクターデザイン・作画監督である石田祐康、『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』の3D監督の宍戸幸次郎らもいる。

作品賞の『東京コスモ』は、監督・CGの宮内貴広と同じ専門学校出身の岡田拓也(ストーリー原案・絵コンテ)、北村翔平(プロモーション)がチームを組んでいる。3人は現在はCGスタジオの白組に所属しており、すでに活躍を始めている。これまでにDigiCon 6 ASIAで観客賞、富山水辺の映像祭スフィア 2015 グランプリなども受賞し、今回はそれに続くものだ。
アニメーション賞の『ボンとハレトモ~古代遺跡で大慌て~』を監督したuwabamiは、イラストやアニメーション、絵本などで多彩な活躍をする。オリジナルな画法キャラストレーションを掲げる。受賞作はひとつの画面のなかで、同時多発的なストーリーが印象的な画面構成で展開する。

第27回CGアニメコンテスト 受賞作品

■ グランプリ 該当なし

■ 作品賞
「東京コスモ」 (宮内貴広)

■ アニメーション賞
「ボンとハレトモ~古代遺跡で大慌て~」 (uwabami)

■ 佳作
「Perfect Houseguest」 (Ru Kuwahata(桑畑かほる)&Max Porter)
「東北東、十七の空」 (石川耕大)
「VOYNICH」 (Waboku)

■ 入選
「ラブレター」 (しかの)
「堀川出水入る」 (谷耀介)
「Willy’s Night of Surprises」 (Team-AT1)
「Cirque le coeur」 (グラフィックパーク)
「ひとりぼっちのヒーロー」 (若井麻奈美)
「New」 (有馬將太)
「ROBBER’S COMPANY」 (高尾圭)
「だいじょうぶ。」 (石井章詠)
「夜明け前のレゾナンス」 (百舌谷)
「ゾンビ入門」 (多田文彦)
「手乗り上司」 (野中晶史)
「獅子として生きる」 (ZENTOY)
「てのひらの宇宙」 (池田ピロウ)

関連記事

ピックアップ記事

  1. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
  2. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
  3.  米国の独立系映画会社GKIDSとフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてハリウッドビジネ…
ページ上部へ戻る