中国向けに限定ユニコーンガンダムをバンダイが開発 中国レッドをイメージ

PG 1/60 ユニコーンガンダム+アームドアーマー

 バンダイが中国向け限定の商品開発に乗り出している。すでに中国の大手ECモール「天猫(T-MALL)」でオフィシャル商品を展開する直営ショップバンダイ官方旗艦店を運営しているが、モールのスペシャルイベントにあたる2019年8月10日~8月12日の天猫超級粉絲日に合わせて、限定商品を投入した。購入できるのは3日間、同店のみとレア感を醸し出す。
 バンダイ官方旗艦店はプラモデルやフィギュア、少年向けの玩具などを幅広く商品を取り揃えている。ガンダムシリーズは人気タイトルで、今回は敢えてハイクオリティの高価格のフィギュアシリーズで勝負した。

 発売商品は、「PG 1/60 ユニコーンガンダム+アームドアーマーDE(チャイナーレッドバージョン)」。『機動戦士ガンダムUC』のRX-0 ユニコーンガンダムとアームド・アーマーをモチーフにパーフェクトグレードと呼ばれるシリーズ商品としている。。
 全体を中国らしいレッドとクリアイエローのコントラストで美しさを強調したのが中国ならだろう。発売元はBANDAI(上海)で、価格は税込みで1600元。日本円で約2万4000円もの高価格帯になるが、対象年齢は15歳以上と大人向け商品であることを明確にする。中国でも増えているこだわりのあるファンをターゲットにしていることが判る。

 バンダイを擁するバンダイナムコホールディングスは、世界有数の規模を誇る玩具・エンタテイメント企業である。グループ売上高は年間で7000億円を超えるが、その8割以上は国内である。
 そこでさらなる成長のため海外事業展開に力を入れている。人口が多く、日本コンテンツとの親和性の高いアジア、なかでも市場の大きな中国はその重点地域となっている。さらに地元商品と差別化ができ、商品単価の高いハイクオリティの玩具は重要商品だ。
 バンダイ官方旗艦店では、今後も同店のみの限定アイテム販売や各種イベント情報に力を入れる。日本で成功した大人マーケットの中国導入でビジネスの勝機を探る。

バンダイ官方旗艦店
https://bandai.tmall.com

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 「国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)」
     アニメとマンガを取り巻く環境の現在、そして未来をテーマに3日間にわたり講演、トーク、シンポジウムを…
  2. アヌシー東京ブース
     東京都に拠点を持つ中小アニメ制作社の海外進出をサポートする「アニメーション海外進出ステップアッププ…
  3. 浄園祐プロデューサー
     2019年5月31日より、『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』の劇場上映がスタートする。ハ…
ページ上部へ戻る