NetflixアニメはSFアクションだけでない 「恐竜少女ガウ子」「烈子」2期発表

恐竜少女ガウ子

 インターネットだけで配信されるNetflixオリジナルアニメが、依然、大きな注目を浴びている。代表作は『ULTRAMAN』、『Devilman Crybaby』、『HERO MASK』などだ。日本ではNetflixはこれまで映像カルチャーの好きな若者世代にアピールする印象が強く、オリジナルアニメもSFやファンタジー、アクション、青春ものが注目されてきた。
 しかし実際は世界で1億4000万世帯の契約を持つNetflixは、子どもから若者、子育て世代、お年寄りまで幅広い視聴者を持つ。アニメーションでもファミリー向けやキッズ向けは主力コンテンツのひとつで、ドリームワークス・アニメーションの『トロール・ハンター』などタイトルも豊富だ。

 そんな流れが、いよいよ日本のスタジオにまで達したようだ。Netflixは2019年5月23日に、日本のアニメスタジオが制作する新たなオリジナルシリーズ『恐竜少女ガウ子』を発表した。2019年後半から世界配信を開始する。
 『恐竜少女ガウ子』はキッズ向けで、怒りがマックスになると「恐竜少女ガウ子」に変身してしまう14歳の女の子を主人公にする。作品は6月10日よりフランスで始まるアヌシー国際アニメーション映画祭のテレビ部門オフィシャル・コンペティションに出品されている。この場で第1話「お父さんの秘密」が初お披露目される。

 アニメーション制作は、劇場アニメ『カラフル』やテレビアニメ『デュエル・マスターズ』で知られるアセンション。『クレヨンしんちゃん』や『LINE TOWN』、『おそ松くん』などで活躍してしきた しぎのあきら監督、またプロデューサーをシンエイ動画出身でアセンション代表の茂⽊仁史⽒が担当、キッズ作品の得意なスタッフが集まる。

 Netflixではこれまでも、『アグレッシブ烈子』やコマ撮りアニメーションの『リラックマとカオルさん』といったキャラクターを中心に、より広くアピール出来る日本のアニメーションも取り上げてきた。特に『アグレッシブ烈子』は世界の広い地域から人気を博し、シーズン2が決定。6月14日から配信が開始する。
 それでも『アグレッシブ烈子』、『リラックマとカオルさん』はキッズというよりも大人層がターゲットだ。『恐竜少女ガウ子』はキッズをターゲットにしている点で、Netflixと日本アニメの新しい取り組みになる。
 実際に本作を統括するのはこれまで日本アニメを多く扱ってきたAnime部門でなく、ファミリー・キッズ部門になる。同部門では欧米はもちろん、インド、韓国、中南米、さらにアフリカのクリエイターとキッズアニメーションに取り組んでいる。その中での日本のスタジオとの挑戦となる。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. アヌシー東京ブース
     東京都に拠点を持つ中小アニメ制作社の海外進出をサポートする「アニメーション海外進出ステップアッププ…
  2. 浄園祐プロデューサー
     2019年5月31日より、『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』の劇場上映がスタートする。ハ…
  3. 鵜飼恵輔氏
     2019年5月24日に全国195館規模で公開をスタートした劇場アニメ『プロメア』が、大きな話題を呼…
ページ上部へ戻る