マーベラス 中山晴喜社長が体調不良のため退任

企業ニュース

 エンタテイメント企業マーベラスの創業者である中山晴喜氏が、代表取締役会長兼社長CEOを6月の任期満了と共に退任することになった。後任の代表取締役として、取締役副会長・執行役員の許田周一氏が就任する。

 マーベラスの発表によれば中山氏は、ここ数年体調不良となっていた。一度経営から離れ、本格的な休養をとるため退任するという。中山氏は1997年にマーベラスエンターテイメントを設立、その後オンラインゲーム、コンシュマーゲーム、アミューズメントゲーム、アニメ・音楽とバランスの取れた企業に育てあげた。
 代表取締役に就任する許田氏は野村トーイ、セガグループなどを経て、マーベラスに入社。2011 年のAQインタラクティブとライブウェアの経営統合後には社長を務めている。そうした実績を活かす。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. TIFFCOM 2019
    ■中国大幅増で、出展団体過去最多  国内最大の映像コンテンツの国際見本市となるTIFFCOMとTI…
  2. 「国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)」
     アニメとマンガを取り巻く環境の現在、そして未来をテーマに3日間にわたり講演、トーク、シンポジウムを…
  3. アヌシー東京ブース
     東京都に拠点を持つ中小アニメ制作社の海外進出をサポートする「アニメーション海外進出ステップアッププ…
ページ上部へ戻る