2018年定額制動画配信シェア dTV苦戦、DAZN、Netflixが拡大 GEM Partners調べ

GEM Partners調べ

 映画・映像関連マーケットの調査会社GEM Partnersは、2018年の動画配信市場の推計、各サービス会社の市場シェアを2月20日に明らかにしている。2018年10月20日から23日まで、全国14,825人の15~69歳の男女の回答をベースに算出した。
 同社の推計によれば、2018年の動画配信市場は19.5%増、約20%と高い伸びを見せた。(一社)デジタルコンテンツ協会の発表する2017年の市場規模1850億円をベースに18年の市場規模を2211億円とする。

 動画配信市場のうち、毎月定額の課金で番組が見放題になる定額制動画配信(SVOD)が全体の76%を占めている。映像をダウンロードし売り切りとする動画配信販売(EST)は10.6%だった。SVODが市場拡大を牽引していることがわかる。
 SVODの2018年の市場規模は推計で1680億円。シェアが最も大きかったのは、dTVの13.7%、2位のHuluが11.6%、3位は11.1%のU-NEXTだ。上位3社は日本企業だが、いずれもシェアを落としている。なかでもdTVは18.1%→13.7%と下げ率が大きく、アニメ専門サービスのdアニメストアも6.1%→5.5%と苦戦が窺える。
 au系のビデオパスが5.5%→4.3%、ソフトバンク系のアニメ放題が2.9%→2.4%。通信会社系はいずれもシェアを落としており、従来の契約プロモーションが曲がり角に差し掛かっているようだ。

 シェアを伸ばしているの外資系サービスである、スポーツに特化し、人気競技、プログラムを次々に押さえるDAZNは8.8%から10.6%に伸び出し、市場シェア4位に飛び出した。Amazonプライムビデオは9.5%から9.8%、Netflixは6.4%から8.9%に拡大している。豊富な資金を活かしたラインナップ、オリジナル番組が力を発揮していそうだ。
 
 GEM Partnersは、今後も5年間で年平均6.3%の市場成長が見込まれるとしている。2023年には市場規模は3000億円に達すると予測する。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. アヌシー東京ブース
     東京都に拠点を持つ中小アニメ制作社の海外進出をサポートする「アニメーション海外進出ステップアッププ…
  2. 浄園祐プロデューサー
     2019年5月31日より、『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』の劇場上映がスタートする。ハ…
  3. 鵜飼恵輔氏
     2019年5月24日に全国195館規模で公開をスタートした劇場アニメ『プロメア』が、大きな話題を呼…
ページ上部へ戻る