東京現像所が事業終了、未返却フィルム原版はTOHOアーカイブが管理

映画

 東宝グループでフィルム現像や編集などを行ってきた株式会社東京現像所が、2023年11月30日に全事業の終了を報告した。1955年に設立の老舗企業が68年の長い歴史を閉じた。
 事業終了の理由は、映像技術の大きな変化だ。東京現像所が長年、主要事業としてきたフィルム現像は、映像のデジタル化と共にほぼ姿を消している。劇場上映用デジタルデータ(DCP)制作や編集、ポストプロダクション、デジタル映像による色彩調整(DI)などに事業の軸を移したが、東宝グループの中では他企業と重複する部分もある。そこで現在の事業の多くを終了し、または関連企業に移管することで再編することになった。
 DCP制作は、2023年3月31日にすでに終了している。そして映像DI事業、映像編集事業は11月30日で終了、12月1日よりTOHOスタジオに移管される。
 
 そのなかで大きな関心が集めていたのが、東京現像所が顧客から預かっていたフィルム原版の行き先だった。当初はフィルム原版の保管業務はどの企業にも引き継がれず、全て顧客に返還するとしていた。
 その数は2万本ともされていたが、所有者への返還手続きが進んでないもの、権利者が不明なものも少なくなかった。返却が出来ない場合は破棄対象になるともしていた。これに対して貴重な文化資産が失われるとして、懸念の声があがっていた。

 11月30日の発表では、最終的には破棄処分とはしなかったようだ。権利者の確認できなかったフィルム原版は映像デジタルアーカイブ事業として、同じ東宝グループのTOHOアーカイブが引き継ぐことになった。
 今後も何らかのかたちで、原版は保存されていくことになりそうだ。一方で権利者不明の問題は解決されず、仮に保管が続いても、映像や作品としての活用はハードルが高いと見られる。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る