プロダクションリードが社名変更 創業時の葦プロダクションに

企業ニュース

 創業が1975年、44年の歴史を持つアニメーション制作の老舗プロダクションリードが、社名を懐かしい商号に戻す。「株式会社プロダクションリード」を「株式会社葦プロダクション」に変更したことを明らかにした。英文名はASHI PRODUCTIONS CO., LTD.となる。自社公式サイトにて告知している。
 同社は1975年に葦プロダクションとして設立された。2007年にプロダクション リードに社名を変更していたが、12年ぶりに葦プロダクションの名前に戻る。葦プロダクションは、社名変更の理由について、親しまれた創業当時の社名に戻ることで、「おもしろい物を創ろう」「楽しい物を創ろう」をテーマに新たな気持ちで取り組むためとしている。
 前回の社名変更から10年以上経つが、多くの傑作と伴に知られた葦プロダクションの名前は、いまだアニメ業界で馴染み深い。ブランド力の活用でも効果を発揮しそうだ。

 葦プロダクションは現代表取締役の佐藤俊彦氏らが創業。当初は『ブロッカー軍団IVマシーンブラスター』、『超合体魔術ロボ ギンガイザー』などから制作をスタートし、ロボットアニメを得意とした。アニメファンから高い人気を獲得した『宇宙戦士バルディオス』、『戦国魔神ゴーショーグン』といった代表作がある。
 一方で、1982年にスタートした『魔法のプリンセス ミンキーモモ』が幅広い人気となった。その後も『アキハバラ電脳組』、『魔術士オーフェン』などのヒット作を生み出している。

 しかし2000年代になると経営環境が二転三転した。2001年にバンダイグループの傘下に入ったが、2005年に離脱。2006年にはウィズと業務提携をし、その際に最初の社名変更をしている。この提携も2009年に終了し、現代表取締役の佐藤俊彦氏が株を引き取った。
 2018年にはテレビアニメ『Cutie Honey Universe』の元請アニメーション制作などをしている。古い作品には自社が権利を持つ作品も少なくない。社名変更を機会に、今後のさらなる発展も期待できそうだ。

株式会社葦プロダクション
http://ashipro.jp/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る