「トランスフォーマー」新作アニメがNetflixに Rooster Teethとポリゴン・ピクチュアズ


 「トランスフォーマー」シリーズの新作テレビアニメーションが、2020年よりNetflixで配信されることが明らかになった。番組はNetflixと玩具大手のハズブロそしてRooster Teethが手を組んで実現するものだ。Rooster Teethがプロデュースし、さらに日本のCGアニメスタジオであるポリゴン・ピクチュアズがアニメーション制作をする。
 これまでも多くのシリーズ作品に関わってきたF.J.デサント氏が現場責任者となる。また有力な脚本家が多く参加する。本作は正式タイトルは現在未発表だが、サイバートロンの世界観で、これまでになかったストーリーを展開するとしている。

 「トランスフォーマー」は日本のタカラの玩具が米国に輸出され、独自の世界観で発展した一大ブランド。1980年代から高い支持を獲得してきたが、2007年の実写映画の大ヒットから人気を拡大し、数多くの玩具、映画、テレビアニメーションを展開している。ハズブロはブランドライセンスを統括し、多くの玩具とアニメーション番組を世に送り出してきた。

 アニメシリーズは、1985年の『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』をスタートに、現在まで20作品を超える。制作も東映動画(現東映アニメーション)、葦プロダクション、アクタス、GONZOなど数多くの日本のアニメスタジオが関わってきた。
 近年は、ポリゴン・ピクチュアズ制作の『超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム』『トランスフォーマー アドベンチャー』が人気となっている。エミー賞を受賞するなど評価も高い。

 これまでの番組は地上波放送や、カートゥーンネゥトワークやHUBで放送されてきた。しかし最新作では初出を映像配信プラットフォームに移すことになる。現在のNetflixの勢いを象徴するものになりそうだ。またキッズアニメーションでも、映像配信プラットフォームが大きな役割を果たすようになっている。
 また製作に参加するRooster Teethは、米国の新興のコンテンツ企業。現在はワーナー・メディアのグループ企業のひとつだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る