アニメーター/監督・今石洋之の全貌を知る、初の展覧会はじまる

今石洋之の世界

 アニメの監督・演出、アニメーターとして多才な活躍を続ける今石洋之の展覧会が5月29日より6月27日まで埼玉県所沢市のところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム EJアニメミュージアムでスタートする。
 展覧会は「今石洋之の世界」とタイトルされ、これまで手がけた『天元突破グレンラガン』や『プロメア』、『キルラキル』などの制作資料などを通して今石洋之の創作と仕事を一望する。ファンからカルト的な人気を誇るクリエイターとその作品群の魅力に迫るものになりそうだ。

 今石は1971年東京都生まれ。多摩美術大学美術学部芸術学科映像専攻卒業後、アニメーターとしてアニメスタジオのガイナックスに入社する。『新世紀エヴァンゲリオン』では動画で参加、その後は絵コンテ・作画監督などと、その活動領域を広げて行く。
 2007年のオリジナルアニメ『天元突破グレンラガン』で監督を務めたことで、演出としても一躍注目を浴びる。2010年には『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』でも監督となった。
 2011年には大塚雅彦、舛本和也らと共にスタジオTRIGGERを設立、『キルラキル』『宇宙パトロールルル子』を手がけた。2019年の映画『プロメア』の大ヒットは記憶に新しいところだ。
 今石作品の特徴は、演出も映像もメリハリのある切り替えの大胆さだ。大げさ過ぎる演出がむしろ魅力になるという不思議さを持つ。また常に斬新な映像、演出を目指し、みたことのないものが登場し観客を驚かせる。

 会場には今石自身による初期の企画資料や絵コンテ、参加スタッフのデザイン画、イメージボード、原画が並べられる。また幼少期から学生時代の雑記なども展示し、今石の創作活動の原動力、作品を通して伝えるメッセージにも迫る。
 会場には立体造形物なども設置され華やかさを盛り上げる。さらに展覧会ならではのオリジナルグッズの物販も予定する。ファンには堪らないものになるだろう。チケット料金や開催時間などの詳細は展覧会の特設サイトで確認出来る。

「今石洋之の世界『グレンラガン』『キルラキル』『プロメア』を作った男」
http://imaishi-expo.com/
2021年5月29日~6月27日
場所・EJアニメミュージアム
主催:KADOKAWA
企画:グッドスマイルカンパニー
協力:トリガー

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. デジタルコンテンツ白書2021
     9月1日に発刊された『デジタルコンテンツ白書2021』が、2020年のコンテンツ産業と関連各分野の…
  2. 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
     日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を題材にした企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・…
  3. ファイ・ブレイン×Tファン
    放送終了後もファンをつなぎとめる仕組みに迫る。  2011年からNHK Eテレで約2年半放送さ…
ページ上部へ戻る