ハピネット、映像音楽パッケージ流通を別会社に再編

提携

 エンタテイメント商材の卸・流通大手のハピネットが、映像音楽パッケージ部門の事業再編に動く。2月13日、ハピネットは2019年4月1日付で映像音楽パッケージの卸売事業を事業分割、完全子会社の星光堂マーケティングに譲渡承継させると発表した。
 星光堂マーケティングは事業吸収・承継後、社名をハピネット・メディアマーケティングと変更する。グループ内での重複事業を解消し、映像音楽パッケージ卸しの中核会社としての位置づけを明確にする。

 ハピネットは1969年に玩具の卸・流通会社としてスタート。M&Aによる事業成長に積極的で、2000年代以降は、企業買収で取扱商品分野、事業領域を拡大してきた。
 現在はアニメや映画などの映像企画・製作にも携わる。またバンダイナムコホールディングスの持分法適用会社ともなっている。

 星光堂マーケティングは、2017年12月に経営破綻した星光堂から2018年3月にハピネットが事業買収をした。映像と音楽パッケージの卸しでは国内最大手である。
 一方ハピネットの映像音楽パッケージ部門も強力で、2018年3月期末で346億8700万円の売上がある。両事業が統合されることにより、ハピネットグループの映像音楽パッケージ卸における市場の存在感はさらに大きくなりそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新潟国際アニメーション映画祭
     2023年3月に第1回を予定する新潟国際アニメーション映画祭が、11月1日に新たな概要を情報公開し…
  2.  2022年9月21日から25日まで5日間にかけてカナダで開催された第46回オタワ国際アニメーション…
  3. 海外ビジネスセミナー
     東京都に拠点を持つ中堅・中小企業、個人事業主を対象にした「海外進出ステップアッププログラム」をこの…
ページ上部へ戻る