IGポート期末決算、予想値を下回る増収減益に 納品遅れと制作コスト増が響く

ファイナンス決算

■ アニメーション制作コスト上昇が影響
 アニメ製作大手IGポートは7月13日に2018年5月期決算を発表したが、当初業績予想を大きく下回った。連結売上高は前年比で11%増の84億2600万円となったが、予想値の95億9200万円から12%以上低くなった。
 営業利益も予想値の5億6100万円が3億1000万円、経常利益は6億1000万円が3億8600万円、当期純利益は3億5600万円が1億4700万円となった。前年比でそれぞれ40.3%減、28.6%減、35.6%減と二桁の減少となる。

 業績予想値と実績値の乖離についてIGポートは、映像制作事業での影響を説明する。売上高については、期中に納品、売上計上を見込んでいた作品の納品が翌期にずれ込んだ。
 利益面については、映像制作のコスト上昇が響いた。まずCG制作費、クリエイターの拘束費を中心に外注費が高騰した。また制作期間が長期化したことで固定費が増加した。さらに今後納品予定の作品のうち、現時点で見積もり原価が受注額を超えているものがあるとする。これらについて受注損失を計上した。

 現在、国内のアニメーション制作は、現場の人手不足が続いていることから完成が遅れることが多いとされている。完成の遅れは制作コストの上昇につながる。さらに深刻な人材不足が、制作コストの急激な上昇を引き起こしているともされている。
 これが受注費と制作費の逆転を生みだす。業界全体のアニメーション制作の増加による繁忙にもかかわらず、経営が厳しいアニメスタジオは少なくない。今回のIGポートの決算は、大手の製作会社もそうした状況と無縁でないこと示している。

■ 制作事業の赤字を版権事業、出版事業でカバー
 実際に通期連結決算のうちプロダクション I.G、ジーベック、ウィットスタジオ、シグナル・エムディなどから構成される映像制作事業は、売上高45億9600万円(前年比2.2%増)に対して、営業損失が6億8600万円と赤字だった。
 売上げの中心は『ボールルームへようこそ』『魔法陣グルグル』『魔法使いの嫁』『恋は雨上がりのように』『銀河英雄伝説 Die Neue These』といったテレビアニメ、『進撃の巨人 Season 2~覚醒の咆哮~』『ときめきレストラン☆☆☆MIRACLE6』などの劇場映画である。また実写映画の『亜人』も含まれる。

 版権事業の成長が、映像制作事業の赤字をカバーした。売上高は17億8000万円(51.6%増)、営業利益は6億8700万円(59.2%増)である。
 グループで過半数を製作出資する『魔法使いの嫁』が、海外販売を中心に好調だった。『進撃の巨人』『黒子のバスケ』『宇宙戦艦ヤマト』『甲鉄城のカバネリ』なども貢献した。
 出版事業も好調で、売上高は17億3400万円(11.0%増)、営業利益は3億8500万円(48.7%増)だった。『魔法使いの嫁』『リィンカーネーションの花弁』「曇天に笑う」シリーズが主力タイトルだ。

■ 2019年5月期は赤字予想、中期で利益率の上昇目指す
 利益面における版権事業の役割の大きさから、IGポートはアニメ製作出資の姿勢を強めている。ふたつの製作委員会を子会社に、10の製作委員会を持分適用会社にするその数の多さから窺える。
 こうした方針は2019年5月期の業績見通しにも影響を与える。連結売上高は97億5100万円と15.7%増を見込む一方で、利益面では損失を予想する。営業損失1億5700万円、経常損失1億3800万円、当期純損失2億円とする。
 期初から赤字予想となるのは、19年5月期を支えた『魔法使いの嫁』の版権収入が一段落するためだが、積極的な製作投資により中期的な利益を生みだす権利確保も優先するとみられる。
8日にIGポートは、今後5ヵ年の中期経営計画も発表している。これによれば2020年5月期には再び黒字に転換し、2023年5月期には9億4500万円の経常利益を予想している。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第5回新千歳空港国際アニメーション映画祭
     2018年11月2日から5日まで、4日間にわたり開催される新千歳国際空港アニメーション映画祭の関連…
  2. ラディアン スタッフ
     2018年10月からNHK Eテレで、テレビアニメシリーズ『ラディアン』の放送がスタートする。空か…
  3. Anime Expo2018
    ■ エキビジョンホール、ファンの財布が緩む理由は?  見どころの多いAnime Expoではあ…
ページ上部へ戻る