学生アニメーションの祭典ICAF 今年も国立新美術館で9月22日から4日間

映画ビジネスのニュース

国内にはアニメーション専攻を持つ大学や美術学校は少なくない。そのなかでは毎年多くの優れた作品が作りだされている。
しかし、学校ごと発表会や作品を厳選した映画祭はあっても、学校を超えて広く作品を観る機会は意外に多くない。2001年から開催されているインター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)は、そんな貴重な場を提供する場となっている。全国各地の大学・専門学校が集まり、作品上映をする。2016年は9月22日~25日までの4日間、東京・六本木の国立新美術館にて開催される。上映、トークなどはいずれも入場無料だ。

2016年は全国28校からも参加があり、国立新美術館の講堂と研修室を会場に、まさに朝から晩まで200本あまりが上映される。すでにコンテストや映画祭で受賞経験のある作品も多いが、自分だけの1本を探すのもいいだろう。どれを観ればいいか分からないという場合は、各校が薦める1作品をまとめた各校選抜作品が便利だ。
また期間中は、現役学生の作品だけでなく、2011年から2015年のセレクション上映もある。いまではプロとして働く作家たちの話題作も観ることが出来る。海外作品の紹介もある。「韓国・漫画アニメ最強戦」、「デンマーク・TAWプログラム」である。

「ICAF とらのあな」も実施する。ストップモーション作品でお馴染みの伊藤有壱氏、抽象的な動きを得意とする水江未来氏、テレビアニメでも活躍する りょーちも氏らが持ち込まれた作品を上映、その場で講評するという斬新な企画だ。学生が対象だが、高校生の持ち込みも可能とのことだが、事前の申し込みが必要となる。

また毎年好評を博している、各都市での巡回上映を行われる。11月3日から6日までは新千歳空港際アニメーション映画祭2016内で、その後も金沢、京都、広島、名古屋でプログラムの一部が楽しめる。詳しいスケジュールはICAFのサイトにて確認できる。

インターカレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)2016
http://www.icaf.info/

開催日程:9月22日(木・祝)〜25日(日)
会場:国立新美術館3階講堂・研修室

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る